Android搭載デバイスにはユニークな製品が数多くありますが、王道のタブレットでありながら、プロジェクターまで搭載してしまったという変態モデルとなるのが「YOGA Tablet 2 Pro」。

この製品が発売されたのが、2014年の今日です。
todayスペックをみると、SoCにAtom Z3745、2GB RAM、32GB ストレージという、それなりに高めな性能をもつAndroidタブレットなわけですが、これだけでは没個性と思ったのか、2つの大きな特徴がありました。

そのひとつが冒頭でも触れた、ヒンジ部分から横向きに投影できるプロジェクター機能。元々13.3インチ(2560×1440ドット)と画面が大きいにもかかわらず、さらに大きく映せる(2mで50インチ)という意欲的な仕様です。

today

もうひとつが、5Wサブウーファーを装備していること。ステレオスピーカーと合わせた8W出力で、通常のスマートフォンやタブレットでは不可能な大画面+迫力サウンドが楽しめるとあって、なかなか面白い製品となっていました。

today

ちなみに後継モデルには、翌年2015年に発売された「YOGA Tab 3 Pro 10」などがあります。こちらは画面サイズが10インチへと小さくなったほか、投影方向が正面に変更されたといった違いがあります。

11月14日のおもなできごと

2005年、三洋電機がNi-MH充電池「エネループ」を発売
2008年、LeadtekがSpursEngine搭載の「WinFast PxVC1100」を発売
2009年、三洋電機が充電回数を約1500回に改善した新「エネループ」を発売
2014年、レノボがプロジェクター内蔵タブレット「YOGA Tablet 2 Pro」を発売
2017年、MozillaがFirefox Quantum「Firefox 57」を公開