「Visaのタッチ決済」をGoogle Payで。三菱UFJ銀行、りそな銀行などのVisaデビットが対応

FeliCa非対応のNFC搭載スマホも利用可能

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年11月14日, 午後 12:18 in Google Pay
0シェア
FacebookTwitter
Google Pay
ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)は、Visaデビットカードが「Google Pay」で利用できるようになったと発表しました。ジャパンネット銀行、ソニー銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行のデビットカードをAndroidスマホに登録して、「Visaのタッチ決済」を利用できます。

Androidスマホ向けのGoogle Payには、クレジットカードやデビットカードを登録して非接触決済が使える機能があります。今回は、Visaデビットカードを登録して、「Visaのタッチ決済」として利用できるようになりました。スマホ側で操作せずにタッチするだけで使える――という、おサイフケータイと似た使い方ができるほか、複数の対応カードを登録して決済時にカードを選んで使うこともできます。

Visaのタッチ決済はNFCを搭載するAndroidスマートフォンなら、いわゆる「おサイフケータイ」以外でも利用できる技術です。iDやQUICPayよりも決済に多少の時間がかかるものの、世界200か国以上で利用できるという利点もあります。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Android, Cashless, Google, Google Pay, Payment, smartphone, Visa
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents