Xboxのクラウド版「Project xCloud」が2020年にも日本へ

日本でのプレビュー開始は2020年を予定

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2019年11月15日, 午後 08:00 in microsoft
0シェア
Project xCloud
Microsoftは、クラウド版Xboxこと「Project xCloud」を2020年から日本などへ拡大することを明らかにしました。

「Project xCloud」は、Xbox用ゲームタイトルをスマートフォンやタブレットでプレイできるクラウドゲーミング(ゲームストリーミング)サービス。『E3 2018』で発表され、2019年10月よりアメリカ、韓国、イギリスでプレビューサービスとして提供されています。

Xboxの公式ブログでは「2020年から、新たに日本やカナダ、インド、西ヨーロッパなど多くの市場でProject xCloudのプレビューサービスを展開します」と言及しています。"2020年から"(beginning in 2020)と含みを持たせた開始時期の記述は気になるところですが、登録方法などの詳細については「すぐにお知らせします」と述べています。

「Project xCloud」でプレーできるタイトルは全部で50タイトル以上で、今回新たに「Madden NFL 20」「デビル メイ クライ5」「鉄拳 7」の3タイトルが追加されました。今後も新タイトルが追加されると思われます。

「Project xCloud」が利用できるのはAndroid搭載の携帯電話とタブレットのみ。しかし、今後はWindows PCやその他のデバイスへの対応も検討しているそうです。また、プレーに用いることのできるコントローラーも、Xbox用のものだけでなく、ソニーのDUALSHOCK4など他社製品でも遊べるようにするとのこと。Xbox独占タイトルをDUALSHOCKで遊ぶという、人によっては違和感を覚えそうな遊び方もできそうです。

また、11月19日には、Googleが同様のクラウドゲームサービス「Stadia」をリリース予定。こちらはローンチ時のタイトルが12タイトルと少し寂しいラインナップですが、どのようなスタートを切るのか、Microsoftとしては気になるところでしょう。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: android, google, microsoft, Project xCloud, stadia, xbox
0シェア

Sponsored Contents