手軽さに磨きをかけたエントリー向け360度カメラ「RICOH THETA SC2」 3万円台で登場

データ転送も4倍速く!

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2019年11月19日, 午前 10:00 in camera
0シェア
FacebookTwitter
Engadgetリコーは360度カメラ「RICOH THETA SC2」を12月13日に発売します。

2016年に発売されたエントリー層向け「RICOH THETA SC」の次世代モデルという位置付けとなる本機。F値2.0の大口径小型二眼屈曲光学系とイメージセンサーを搭載し、1400万画素相当で360度の全天球イメージと、最長3分の4K(3840✕1920ドット)30fps動画撮影が可能です。直販価格は税込み3万6800円。画質面での進化も遂げており、露出精度やホワイトバランスのアルゴリズムを刷新したことで、オート撮影時の仕上りが向上しています。さらに、「顔モード」「夜景モード」「車窓モード」といった、シーンに応じたプリセットの変更が本体のみで可能になりました。さらに、水中撮影時のホワイトバランスを適切に調整する「水中モード」も新たに追加されています。

Engadget
▲「作例:顔モードOFF」

Engadget
▲「作例:顔モードON」人物を検出し、モデルを画像の中心に配置して、美肌効果も付与します。

Engadget

そのほか、本体下部に0.5型のELディスプレイを搭載したことで、バッテリー残量や設定などの確認が行えます。また、側面に「電源」「接続」「モード変更」「セルフタイマー」ボタンが備わったことで、本体だけでの撮影がより手軽になりました。

サイズは幅45.2✕高さ130.6✕奥行き22.9mmで、重さが約104g。前モデルとほとんど変わりはありません。なのでSCで利用していたアクセサリなども利用可能。、買い替えを検討している方には嬉しいポイントですね。

内蔵メモリは約14GB。外部メモリには対応していません。1度の充電で、静止画約260枚、動画約60分の撮影が可能です。スマホ連携はBluetoothとWi-Fiに対応し、データ転送は前モデル比で約4倍の高速化を実現。カラバリは艷やかなネイルをイメージをしたピンク、ベリー、ベージュ、ホワイトの4色がラインアップされています。

撮るという行為の手軽さがブラッシュアップされたRICOH THETA SC2は、エントリー層向け360度カメラの新たな定番となるでしょう。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 360, 360Camera, camera, ricoh, RICOH THETA SC2, VR
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents