AQUOS初のデュアルSIM、AQUOS sense3のSIMフリー版が27日発売

貴重な「おサイフケータイ+デュアルSIM」の選択肢

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年11月19日, 午前 10:00 in AQUOS
0シェア
FacebookTwitter
AQUOS Sense3シャープはAndroidスマホ「AQUOS sense3」のSIMフリー版(SH-M12)を発表しました。AQUOSスマホとして初めてデュアルSIMをサポートしており、2回線を切り替えて使えます。

発売は11月27日。価格は販売店、MVNOにより異なりますが、3万円台半ばとなる見込みです。

AQUOS sense3はスマホユーザーが求める基本的な機能を備えつつ、長持ちなバッテリーが特徴のモデル。4000mAhの大容量バッテリーを備え、通話やメッセージ中心の用途で1週間の電池持ちがうたわれています。

SIMフリー版では4キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル) のネットワークをサポートし、AQUOSとして初めてデュアルSIMに対応。DSDVもサポートしており、SIM2枚で同時に通話の待ち受けも可能です。

このほか、防水性能や耐衝撃性能を備え、おサイフケータイも搭載します。

チップセットはミドルレンジスマホ向けのSnapdragon 630で、メモリは4GB、ストレージは64GB。なお、デュアルSIMの2枚目のSIMスロットはmicroSDカードスロットとの排他利用となっており、SIMを2枚挿した状態ではmicroSDは使えません。

5.5インチでフルHD+解像度(2160×1280ドット)のIGZOディスプレイを装備。背面カメラは標準画角カメラと121度広角カメラのデュアル仕様となっています。OSはAndroid 9 Pieを搭載。カラーはライトカッパー、シルバーホワイト、ブラックの3色を用意します。

おサイフケータイとデュアルSIMに両方対応するスマホは少ないだけに、「通話回線はこれまでの大手キャリア、通信は格安SIMで節約」といった一般的な用途はもちろんのこと、「挿してないSIMがなぜかたくさん余っている」ようなガジェットフリークにも有力な選択肢となるかもしれません。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, AQUOS, aquossense, AQUOSsense3, mobile, SimFree, smartphone
0シェア
FacebookTwitter