ドコモのd払い、電子マネー「iD」を統合。d払いのApple Pay版も提供へ

Android向けiDの他キャリア開放も視野

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年11月18日, 午後 03:49 in payment
0シェア
FacebookTwitter
d払い
NTTドコモはAndroid向けのスマホ決済アプリ「d払い」に、電子マネーiDを統合すると発表しました。

電子マネーiDはドコモのAndroidスマホにおいて「dカード mini」として提供されていますが、これが11月19日より「d払い(iD)」と改称され、スマホ決済アプリの「d払い」と統合されます。

d払い▲統合後のdカード mini(iD決済機能)は、d払いのひとつの機能となります

d払い(iD)のサービス内容はdカード miniと同等で、後払い型の支払いサービスで、ドコモの携帯電話料金とまとめて支払うことができます。統合により、従来からある「d払い(コード決済)」と、電子マネーの「d払い(iD)」をお店に応じて使いわけることができるようになります。

ドコモでは今後、iOS向けにもApple Payによる「d払い(iD)」を提供する予定としています。また、d払いの「ウォレット残高」からiDで支払う機能も追加予定としており、ドコモ契約者以外でも利用できるようになる見込みです。

d払い
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: cashless, dbarai, docomo, iD, mobile, NTTdocomo, payment
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents