Cortana
Microsoftは最新のWindows 10アップデートで、ロック画面でもサードパーティの音声アシスタント利用を可能にするなど、自社の音声アシスタントであるCortanaの戦略を変化させていますが、それはモバイルも例外ではないようです。


Microsoftは、AndroidとiOS向けのCortanaアプリが、少なくともオーストラリア、カナダ、英国、中国、インド、メキシコ、ドイツ、スペインで2020年1月31日以降、利用できるなくなると発表しました。リマインダーやリストなどのCortanaコンテンツも機能しなくなるとのことですが、Windows上からは引き続きアクセス可能です。また、リマインダー、リスト、タスクはMicrosoft To Doアプリに引き継がれるとのことです。

Microsoftは、CortanaをAlexaやGoogleアシスタントのような単独の音声アシスタントではなく、OutlookやMicrosoft 365(Office 365を含むビジネス向けのソリューション)のAIヘルパーとして利用する方針を示しており、モバイルアプリの終了もその一環と考えられます。

Windows 10でもCortanaは単独アプリとしてリリースされるようになりましたが、これもWindowsそのものから切り離す準備だった可能性もありそうです。