AIが文章を提案するGmailのスマート作成がGoogleドキュメントにも拡大

ただしG Suiteユーザー向け

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年11月22日, 午後 01:00 in internet
0シェア
FacebookTwitter
Google Docs
Googleが、入力中の文章を予想して、その続きを提案してくれるSmart Compose(日本ではスマート作成)をGoogleドキュメントに追加しました。G Suiteユーザー向けのベータ機能として提供が開始されます。

Smart Composeは、2018年のGoogle I/Oで発表され、2019年3月にすべてのGmailユーザー向けに提供が開始されているもの。短い返信候補を表示するスマートリプライを発展させたようなもので、入力している文章に基づいて関連するフレーズを提案してくれる機能です。


これまでGmailでのみ利用可能でしたが、これがGoogleドキュメントにも拡大されます。Googleドキュメントでは、メールと違い長文を打つことも多いため、より効果を発揮しそうです。

とはいえ、いまところはG Suite向けにベータ提供となっており、個人アカウントのGoogleドキュメントでは利用できません。それでも、いずれ個人アカウントを含む全ユーザーに提供されるものと考えられます。もっとも、Smart Composeを使えるのは英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語のみなので、日本語での文章作成には利用できません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: autocomplete, gear, google, google docs, googledocs, internet, smart compose, smartcompose, writing
0シェア
FacebookTwitter