Google Earth
Googleは11月20日、Google Earth上で、旅の思い出などの「ストーリー」を自由に作成・共有できるプロジェクト機能を追加しました。

Google Earthには既に、自然や史跡、あるいは映画のロケ地など、テーマ別にさまざまな場所を巡れる「Voyager」という機能がありますが、新機能はそれに近いプロジェクトを自分で作れるというものです。

作成するプロジェクトは、場所を指定したり、その場所に自分で撮影した写真や動画を追加でき、地図上にラインを引くことも可能です。旅行で訪れた場所を自分で撮影した写真や動画を交えながら辿るストーリーを作成し、それを共有して家族や友人に見てもらうこともできます。

さらに複数人での共同編集にも対応しているため、旅の思い出だけではなく、これから行く先を確認する旅の栞的な使い方もできそうです。

なお、作成したプロジェクトはAndroidやiOSのGoogle Earthアプリでも表示できますが、作成・編集できるのはウェブ版のみとなっています。

すでにGoogleフォトなどでは、写真の位置情報を使ってアルバムを作る機能がありますが、今後は旅の思い出はGoogle Earthで共有する、といったことが流行るのかもしれません。