FacebookがBeat Saberの開発元を買収。Oculus傘下で開発を継続

今後もOculus以外のプラットフォームをサポート予定

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年11月27日, 午後 02:30 in business
0シェア
FacebookTwitter
Facebook buy Beat Games
Facebookは11月26日、人気VRリズムゲーム「Beat Saber」の開発元であるBeat Gamesを買収したと発表しました。今後はOculus Studios傘下となりますが、従来とかわらず、独立した開発スタジオとして運営されるとのこと。

Oculus傘下になることで、今後、Beat Saberのアップデートがどうなってしまうのか気になるところです。これについては、現在サポートされているすべてのプラットフォームで、Beat Saberのコンテンツとアップデートを同時にリリースし続けるとしています。

なお、Beat Saberの追加コンテンツとしては、360度モードが12月に追加されるほか、年内にも多くの音楽が追加されるとのことです。また、Beat Saberでは、有志によるMOD(機能や見た目を変える改造データ)の開発も盛んですが、今後も悪意のあるコードを含まず、著作権を侵害しない合法的なものであれば、サポートを継続していく考えです。

ただ、今後出るであろうBeat Gamesの新作が、Oculus以外でリリースされるのかについては触れられていません。Facebookは、VRゲームの開発を支援し、VRを盛り上げるためにBeat Gamesを買収したとしており、その意味では、Beat Saberと同様にマルチプラットフォームでのリリースが期待できるかもしれません。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: beat games, beat saber, beatgames, beatsaber, business, facebook, gaming, oculus, oculus studios, oculusstudios, virtual reality, virtualreality, vr
0シェア
FacebookTwitter