iFixitがiPhone 11用Smart Battery CaseをX線透視。カメラボタンの秘密が明らかに

ボタン1つのためにここまで工夫するとは

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年11月28日, 午後 12:50 in iphone
0シェア
FacebookTwitter
batterycase
11月21日に発売されたiPhone 11シリーズ向け「Smart Battery Case」。新型iPhoneに向けたアップル純正バッテリー内蔵ケースは近年の恒例となっていますが、中でも注目を集めたのが、新たに右側面にカメラボタンが設けられたことです。これによりiPhoneの画面をタップすることなく、カメラアプリや動画撮影が直感的に起動できるようになりました。

本業の修理業よりも分解レポートでおなじみのiFixitが、そうしたカメラボタンの仕組みを解き明かしています。いつものように熱で接着剤を溶かしたりメスを入れる外科手術をせず、X線透視により内部構造を探ったかたちです。iFixitが最初に推測したのは、iPhone本体とある種のワイヤレス通信でやり取りしていることです。しかし実際に患者(iFixit曰く)のX線画像を見てみると、ケースの中には小さな回路基板があり、カメラボタンに接続するための薄くてフレキシブルな配線が走っています。

それはケースの底にあるLightningポートの「アゴ」を通じてカメラボタンとiPhone本体を接続するもの。つまり物理的な端子から通信する方式です。全く予想外ではありませんが、iFixitは「バッテリーケースにボタンを1つ追加するためにハードウェアデザインにどれほどの工夫を凝らしているのかが興味深い」と論じています。

chin

また、カメラボタン自体の作りも興味深いとのこと。弊誌の使用レビューでも言及されていましたが、ボタンが少し窪んでいるため、ポケットやバッグに入れているときに間違って押す心配も小さくなっています。

ただiFixitのレビュアー(分解者)は、装着時に写真を撮ろうとするとき、電源ボタンを手探りでタップしたり、電源ボタンと音量ボタンを同時押しして大事なグループ写真を撮るつもりがカメラアプリのスクリーンショットを撮影してしまったとのこと。そこは慣れの問題というか、ただ本人がうっかりしていただけの印象もあります。

家族旅行ではiPhoneを充電せずに長時間持ち歩くかたわら、いきなりシャッターチャンスが来たり、iPhoneに詳しくない人に手渡して撮ってもらうとき「このボタンを押して」という機会もありがちです。年末から年初にかけての旅行シーズンになる前にSmart Battery Caseが駆け込むように発売されたのは、そうしたニーズを狙ってのことかもしれません。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: accessory, apple, BatteryCase, camera, gadget, gear, iphone, iphone11, smartbatterycase
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents