JR東日本のタッチレス改札、2005年から研究『安全性もバッチリ』

ミリ波を活用

Rintaro Kaneko
Rintaro Kaneko
2019年11月28日, 午後 04:10 in jr
0シェア
JR East Touch Less

JR東日本がSuicaなどの交通系ICカードを改札機にかざすことなく通過できる「タッチレス改札」を研究していると共同通信が報じました。

報道によると、改札機の天井に備え付けられた機械からミリ波を照射して、改札を通過したのかを判断する仕組み。スマホの電源が入っていれば、アプリを起動しなくても通過できます。

従来の改札機は右側にSuicaの読み取り部分があり「左利き」や「大きな荷物を抱えている」場合には、スムーズに通過できない課題がありました。

Engadget日本版が広報担当者に問い合わせたところ、同社は上記課題を解決すべく、2005年からタッチレス改札の研究を開始。現在の方式となった後は、ミリ波が人体に与える影響について研究を進め、ミリ波の安全性についても、基準値の10分の1以下になることを確認したといいます。

なお、広報担当者によると具体的な導入時期は「未定」。今後も実用化に向けた研究を続けていく考えを示しました。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: jr, JrEast
0シェア

Sponsored Contents