ポケモンGOの聖地Pokémon GO Lab.が池袋に12月誕生。ふかそうちポーチやレイドパスケースなどグッズ多数

パスケースほしい

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2019年11月29日, 午後 08:51 in niantic
0シェア
FacebookTwitter
Pokemon GO

池袋のポケモンセンターメガトウキョーに、世界初のポケモンGO公式スペースPokemon GO Lab.がオープンします。

店内はメディアアートやステージ演出で知られるライゾマティクスの空間デザインによりポケモンGOのジムを再現。「無限ふかそうちポーチ」や「レイドパスIDカードケース」、四角錐の「ギフトキャンディ」など、オリジナルグッズも販売します。

Pokemon GO

サンシャインシティのポケモンセンターメガトウキョーは、都内に数店舗あるポケモンの直営オフィシャルストアでも最大規模の店舗。

12月19日からはさらにスペースを拡大して、Pokemon GO Lab. のほかお持ち帰り専門の「ピカチュウスイーツ by ポケモンカフェ」、ポケセン各店舗でも最大級の「ポケモンカードステーション メガトウキョー」がオープンします。

Pokemon GO


ポケモンGOラボではグッズ販売のほか、記念撮影できる等身大ウィロー博士や、トレーナーバトルスペースなどを用意します。

Pokemon GO

オフィシャルグッズは、ゲームそのままの円筒形の「ポーチ Pokemon GO ムゲンふかそうち」2310円、デイリー配布レイドパスデザインの「IDカードケースPokemon GOレイドパス」1540円、回せるポケストップ型キーホルダー770円、ポケコインチョコ540円、四角錐のギフトキャンディ864円。

Pokemon GO

ほかお約束のチーム別キャップ、ポロシャツ、スマホケースやカバー、ステンレスボトルやタオル、クリアファイル等々。

Pokemon GO

オープン記念として発表されたポケモンGOのオフィシャルグッズは、ポケモンGOラボだけでなく他のポケセンやストアでも購入可能です。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: niantic, pokemon, pokemon go, pokemongo
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents