中国OPPOが未発表スマホReno3 5Gを予告。薄型筐体の5G対応端末

フロントカメラは左上にパンチホール?

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年11月29日, 午後 03:30 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
OPPO Reno 3 Pro 5G
中国OPPOが、未発表のスマートフォンOPPO Reno3 Pro 5Gの情報を公開しました。

これまで新製品と言えば、発表直前までいかに情報が漏れないかに苦心するものですが、近年は中国メーカーを中心に、発表前から製品情報を出していくスタイルが増えています。

OPPOもその例に漏れず、バイスプレジデントのBrian Shen氏が、OPPO Reno3 Pro 5GについてTwitterに投稿しています。それによると、厚さ7.7mm(ただしレンズ部は除く)のガラスボディで、名前の通り5Gに対応。同価格帯で、最も薄いデュアルモード5G対応端末になる可能性があるとしています。

一緒に投稿されている画像をみると、ノッチがなくフロントカメラも確認できません。薄型筐体のため、ポップアップカメラの採用は考えにくいところです。端末左上が意図的に隠されているとも考えられ、この部分にパンチホールカメラを搭載している可能性は高そうです。

また、わざわざ厚みにレンズ部を含まないとの注記を入れるあたり、背面カメラに特徴がある機種なのかもしれません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 5G, dual-mode 5G, gear, mobile, Oppo, Reno3 Pro 5G, smartphone, Thin
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents