Pixel 4 Astrophotography Mode

米グーグルが投入したスマートフォン「Pixel 4」には、夜空の星々を美しく撮影する「星空モード」が搭載されています。そしてその技術の裏側を、同社は公式ブログにて解説しています。

Pixel 4の星空モードでは、最長16秒の長時間露光による画像を最大15枚重ね合わせることにより、弱い星からの光を写真でも確認できるように増幅します。そしてグーグルはここにAI(人工知能)のテクニックをくわえることで、正確な星空撮影を実現しています。

たとえば、カメラやスマートフォンのセンサーには常に異常なピクセルがいくつか存在し、長時間露光ではこれが不正確なドットとして問題となります。そこでPixel 4ではこの不正確なドットからの値を周辺ドットの値と置き換えることで、撮影画質を向上させているのです。

Pixel 4 Astrophotography Mode

さらに、ユーザーによる構図決めへの手助けも用意されています。まず、通常のスマートフォンを夜空に向けても、星の光が弱すぎるためにディスプレイにはなにも表示されません。

そこでPixel 4では「シャッター前ビューファインダー」として、まず最大16秒間露出し撮影した写真を表示。この通常より約250倍も長い露出により、ユーザーはその構図のまま撮影を続けるのか、あるいは構図を変えるかを決めることができるのです。

また、Pixel 4はどの場所が夜空でどの部分が地面なのかを、自動で認識。そして夜空の部分を暗くしつつコントラストを選択的に増加させ、雲やカラーグラデーション、天の川などをより際立つように調整するのです。

Pixel 4 Astrophotography Mode

このような工夫により、従来のスマートフォンの常識を覆す高度な星空撮影機能を実現したPixel 4。星空モードでの撮影には三脚などでの固定が必要となりますが、もし端末をお持ちならぜひ一度は試してみたい機能でしょう。