ポケモンGO:No.509 チョロネコ入手方法・色違いと弱点・対策 (大人のポケモン再入門ガイド)

見た目はかわいいけどしょうわる

Engadget JP Pokedex Team (ポケモン図鑑編纂室)
0シェア
FacebookTwitter

Engadget
最先端のモバイルARと、世代を超えて人気のポケットモンスターが融合したポケモンGO。久々にポケモンを遊ぶ元トレーナーや、これが初めてのポケモンゲームというかたに向けて、要点だけをまとめた大人向け「ポケモン図鑑」です。

今回はしょうわるポケモンの「チョロネコ」。

pokedex

「大人のポケモン再入門ガイド」一覧ページはこちら

Engadget
No.509 チョロネコ

全国図鑑番号: No.509 (イッシュ地方・第五世代)
初出:『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』 ニンテンドーDS 2010年
分類:しょうわるポケモン
英語名:Purrloin

図鑑の解説

「人の物を遊びで盗む。盗まれた人も愛くるしい仕草につい許してしまうのだ。」

ゲーム内データ

進化:チョロネコ(チョロネコのアメ50個)レパルダス
色違い:未実装
タイプ:あく
天候ブースト:
弱点:むし・フェアリー・かくとう(×1.6)
耐性:エスパー(×0.391)あく・ゴースト(×0.625)
種族値:HP121・攻撃98 ・防御73

チョロネコの入手方法(2019年12月時点):

・野生で出現
・チョロネコが2kmたまごから孵化

チョロネコ対策ポケモン:

番号 名前(おすすめ技の例)

286 キノガッサ(カウンター / ばくれつパンチ )
257 バシャーモ(カウンター / きあいだま )
068 カイリキー(カウンター / ばくれつパンチ )
282 サーナイト(あまえる / マジカルシャイン)

チョロネコはあくタイプのポケモンのため、弱点はむし・フェアリー・かくとうタイプ。かくとうタイプで攻撃種族値の高い、キノガッサ、バシャーモ、カイリキーなどがおすすめです。上記に挙げたポケモンは、チョロネコのあくタイプの攻撃に耐性もあるため、終始有利に戦えます。

強いかくとうタイプがいない場合、フェアリー技で弱点をつけるサーナイトも有効です。

ポケモンGO:No.286 キノガッサ入手方法と対策
ポケモンGO:No.257 バシャーモ入手方法と対策
ポケモンGO:No.068 カイリキー 入手方法と対策
ポケモンGO:No.282 サーナイト入手方法と対策

チョロネコのバトル評価:不向き

チョロネコは全体的に種族値が低く、レイドやトレーナーバトルでも、ジム防衛にも向きません。進化後のレパルダスも同様です。どうしてもバトルで使いたい場合は、エスパータイプに二重耐性があるため、あくタイプの技で統一してエスパータイプの対策ポケモンにするのが良いでしょう。

また、相棒にすると1キロでアメがもらえるため進化や育成は容易です。

おすすめ技構成:

ふいうち(あく) / あくのはどう(あく)
ふいうち(あく) / じゃれつく(フェアリー)


最新のポケモンGOニュース一覧

Pokemon GO

ポケモン公式のタイプ相性表。ざっくり言うと「ばつぐん!」が約1.6倍。2タイプで両方が弱点(二重弱点)の場合は約2.5倍。(例:「こおり・ひこう」のフリーザーに対して「いわ」で攻撃)

耐性は「いまひとつ」が約0.63倍。「効果がない」はポケモンGOでは約0.4倍に軽減されるもののダメージが通ります。

pokedex
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 509, pokedex, pokemon, Pokemon GO, pokemongo, Purrloin509
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents