クアルコムがSnapdragon 865 / 765発表、20年前半に登場予定

Snapdragon 765は5GモデムをSoCに統合

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年12月4日, 午前 06:05 in qualcomm
0シェア
FacebookTwitter
engadget
米国ハワイ州で開幕したSnapdragon Tech Summitより。クアルコムがスマートフォン向けの最新SoC「Snapdrgaon 865」「Snapdragon 765 / 765G」を発表しました。2020年上半期より搭載製品が登場予定。

普及帯上位向けの「Snapdragon 765」は5GモデムをSoC内に統合する「1チップ化」を実現。5Gの最大通信速度は3.7Gbpsで、4Gと5Gで周波数を共用するDSS(ダイナミック・スペクトラム・シェアリング)にも対応します。

後述する「Snapdragon 865」と同じ第5世代のAIエンジンを搭載するなどAI性能も強化。ゲーム向けに処理性能を強化した「Snapdragon 765G」も用意します。

engadget
▲「Snapdragon 765」は世界初となるグローバル向け5Gモデムを統合したSoCに。1チップ化でコスト削減や消費電力の低減も期待される

engadget
▲ゲーミング性能を強化した「Snapdragon 765G」も用意。詳細性能は明日のセッションで発表予定

ハイエンド向けの「Snapdragon 865」は、5Gモデムの統合は行われず、別途 X55モデムを搭載することで5G通信に対応。「1チップ構成」ではなく専用の5Gモデムを搭載するぶん、スループットも高速で、最大通信速度は7.5Gbps。4Gと5Gで周波数を共用するDSS(ダイナミック・スペクトラム・シェアリング)にも対応します。

パフォーマンス面では、AI性能(TOPS=1秒あたりの演算回数)が先代Snapdragon 855比で2倍に向上。競合のAndroid向けSoCと比較して3倍のパフォーマンスを発揮するとしています。なお、「3倍の性能」が具体的に何の性能なのかは明示されていません。

2020年春以降、OPPOやXiaomiなど各社から搭載製品が発売される予定です。

engadget▲8K・30fps動画撮影をサポート、カメラは2億画素までサポート

engadget
▲第5世代AIエンジンを搭載、1秒あたりの演算回数(TOPS)はSnapdragon 855比2倍に

engadget▲あらゆる面で競合のAndroid向けSoCを凌駕するとしている

なお、両SoCとも今回は概要が発表されたのみ。詳細な処理性能は明日開催のセッションで公開される予定です。

engadget▲携帯キャリア認証取得済の「Snapdragon 865 / 765 モジュラープラットフォーム」も用意。メーカーがこれを利用すれば、スマホやIoTデバイスを低価格で開発できるようになる

(更新完了)
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: qualcomm, Snapdragon765, Snapdragon865
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents