ポケモンGO、12月4日18時から『テラキオン』伝説レイドアワー。弱点はエスパー・はがね、対策はミュウツーかメタグロス

カイオーガ、ラティオス、カイリキー等も

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2019年12月4日, 午後 04:59 in niantic
0シェア
FacebookTwitter
Pokemon GO

12月4日(水)18時から、ポケモンGOのイベント「伝説レイドアワー」が始まります。今週・来週の伝説レイドボスは、イッシュ地方(第5世代)の聖剣士こと「テラキオン」。







テラキオンのタイプは「いわ・かくとう」複合、能力値は攻撃260・防御192・HP 209。

天候ブースト:晴れときどき曇り、曇り
弱点:はがね・じめん・フェアリー・エスパー・くさ・みず・かくとう(×1.6)
耐性:ノーマル・あく・どく・いわ・むし・ほのお(×0.625)

弱点が多く防御が低いため攻めるに易く、手持ちに加えれば攻撃力の高さで一線級のアタッカーとして活躍します。

テラキオン対策ポケモン

タイプ相性、わざ、高攻撃力が揃った最適解はミュウツー(サイコブレイクなどエスパーわざ統一)またはメタグロス(コメットパンチなどはがねタイプ統一)。

ほかエスパーやみず、かくとう、はがね等の強ポケモン、たとえばラティオス・フーディン・カイオーガ・ジラーチ・カイリキー等が活躍します。

ポケモンGO:No.639 テラキオン入手方法・色違いと弱点・対策 (大人のポケモン再入門ガイド)


テラキオンのレイドボス出現は12月17日まで。同時に多数出現するレイドアワーは、今回と来週の11日しかありません。

テラキオンの次の伝説レイドボスは未発表。しかし「聖剣士」ポケモンであるコバルオン、テラキオンの順から考えれば、18日からは「くさ・かくとう」のビリジオンが順当です。


最新のポケモンGOニュース一覧

Pokemon GO

ポケモン公式のタイプ相性表。ざっくり言うと「ばつぐん!」が約1.6倍。2タイプで両方が弱点(二重弱点)の場合は約2.5倍。(例:「こおり・ひこう」のフリーザーに対して「いわ」で攻撃)

耐性は「いまひとつ」が約0.63倍。「効果がない」はポケモンGOでは約0.4倍に軽減されるもののダメージが通ります。

pokedex
「大人のポケモン再入門ガイド」一覧ページはこちら

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: niantic, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
0シェア
FacebookTwitter