「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition」がドコモから登場、「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」コラボモデル

限定2000台、スター・ウォーズの世界観を忠実に再現

山根博士 (Yasuhiro Yamane)
山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2019年12月6日, 午前 11:00 in galaxy
0シェア
Note10PlusSW
映画スター・ウォーズの最新作「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が日本でも12月20日に公開となります。それに合わせるように、Galaxy Note10+の特別限定モデル「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition」が12月13日に発売、Galaxy Harajukuとドコモオンラインショップで取り扱われるとのことです。

スター・ウォーズファンはもちろん、本気で作られた限定モデルは他の人とは違うスマートフォンを持ちたい人にもピッタリな製品です。

Note10PlusSW

Galaxy Note10+ Star Wars Special EditionはすでにドコモとKDDIから発売されているGalaxy Note10+の本体デザインと内部のテーマ、さらにはパッケージまでもカスタマイズされた製品です。公式写真を見るとワクワク感が止まりませんね。

Note10PlusSW

実際のパッケージはこちら。外側のスリーブをはずして中の箱を開けると、恭しく限定版のGalaxy Note10+や限定アクセサリが入っています。

Note10PlusSW

ではまず本体から。電源を入れてみると「シス・トルーパー」ですね。いきなりやってくれます。ほかにも「レン騎士団」の壁紙なども用意されています。

Note10PlusSW

背面には、映画にも登場するファースト・オーダーのシンボル刻印。スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けをしっかりフィーチャーしています。またダークサイドを象徴するブラックにボリュームボタンやカメラ周りをレッドで仕上げ、世界観を高めています。

Note10PlusSW

Galaxy Note10+と言えば本体に収納できる「Sペン」ですが、こちらもブラック&レッド仕上げ。実は韓国ではGalaxy Note10のレッドモデルも販売されていて、付属のSペンはペン上部のボタン部分も含めて全体が赤い仕様。しかし、Galaxy Note10+ Star Wars Special Editionではペンもしっかり専用カスタマイズされているのです。

なお、ペンの抜き差しの時には効果音が鳴りますし、本体の電源ON時には画面上にカイロ・レンのマスクが浮かび上がります。

SW

さらには電源をOFFにするとハイパースペースを離脱時するときの軌跡が画面上に。このテーマだけでも欲しくなってしまいます。

Note10PlusSW

さて、限定のアクセサリはどんなものが入っているのでしょうか。実はパッケージを開けるとレザーケースとコレクターズバッジが上側の棚に収納されています。

Note10PlusSW

レザーケースは質感もよく、本体に装着して使うと気分が盛り上がります。しかし限定品なので使うのがもったいない気持ちも。

Note10PlusSW
Note10PlusSW

コレクターズバッジは金属製で重みもあります。これこそGalaxy Note10+ Star Wars Special Editionを買わなければ入手できないレアアイテムです。

他にもブラック&レッド仕様のGear Budsも付属。これだけでも別売してくれないでしょうか?

Note10PlusSW

スター・ウォーズファンだけではなく、この冬スマートフォンを買い替えようと思っている人! 日本で2000台しか売られないこのスペシャルモデルは要注目です。

Note10PlusSW

 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: galaxy, galaxy note, galaxy note10, Galaxy Note10Plus, GalaxyNote, GalaxyNote10+, mobile, smartphone, star wars, StarWars
0シェア

Sponsored Contents