Instagram、新規登録時の年齢確認導入、13歳未満禁止を厳格化。DMの扱いも変更

数週間以内に変更が適用されます

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年12月5日, 午後 05:00 in Internet
0シェア
FacebookTwitter
Robert Alexander/Getty Images
写真共有SNSのInstagramが、利用規約に明記しているユーザーの最低年齢(13歳以上)を徹底すべく、12月4日より新規登録の際の生年月日入力を必須にすることを明らかにしました。もちろんこの情報は登録時に必要なだけで、他のユーザーがそれを目にすることはありません。なお、すでにFacebookを使用しているユーザーが新規登録する場合は、Facebookから情報を引き継げます。我々の国でも、利用規約に記された最低年齢に満たないにもかかわらず、SNSを利用するユーザーがいることは知られています。Instagramは2018年より、ユーザーの自己申告如何に関わらず、規定未満の年齢と判断されるユーザーのアカウントを停止して良いとモデレーターに指示しています。

また、Instagramはダイレクトメッセージについても、ユーザーがフォローしている人だけがメッセージにアクセス可能となり、グループに招待可能となります。つまりフォローしていないユーザーからのDMやグループメッセージへの招待、またストーリーへの返信を受信しないようにし、スパムや何らかの悪意あるメッセージからユーザーを遠ざける効果が期待できます。この変更は数週のうちに提供が開始されるとのことです。

これらの変更は、Facebookで問題とされたプライバシー保護の姿勢への批判に対する改善の流れに沿ったものと考えられ、SNSが子どものプライバシーをきちんと保護していないと心配する規制当局に先行して手を打った格好と言えるかもしれません。

なお、Insgagramは年齢チェックは広告のためではないと主張しているものの、ユーザーの年齢情報が広告の最適化に使われる可能性はゼロではなさそうです。たとえばアルコール業界などは、法的な飲酒可能年齢に達したユーザーに積極的に広告を出せるように(技術的には)なります。

ちなみにSnapchatやTikTokなどは、すでにユーザー登録時の年齢確認を導入しています。

※訂正:初出時SnapchatやTiktokがFacebook傘下と記していましたが、ご存じの通りいずれも傘下サービスではありません。お詫びして訂正いたします。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: age check, children, coppa, direct messages, direct messaging, facebook, gear, instagram, Internet, kids, Mobile, Services, social media, social network, social networking
0シェア
FacebookTwitter