完全ベゼルレスなミドルレンジスマホ、motorola one hyper海外発表。3200万画素ポップアップカメラ搭載

「格好良くって、ちょうどいい」モデルです

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年12月5日, 午後 04:31 in android
0シェア
FacebookTwitter
Motorola One Hyper
レノボ傘下のモトローラが、ミッドレンジ向けスマートフォン「motorola one hyper」を発表しました。

motorola one hyperはディスプレイにノッチもパンチホールもない、いわゆるベゼルレスデザインを実現したスマートフォン。本体上部からは3200万画素のポップアップカメラが飛び出し、セルフィー用に使えます。また本体の落下を検知すると、カメラが自動で収納されます。
背面には6400万画素のメインカメラと、画角118度の超広角カメラを搭載。背面カメラでは夜間撮影機能のNight Visionや、4画素を1画素として扱うことで暗所撮影性能を高めるQuad Pixelといった機能が利用できます。オートフォーカスはレーザー方式で、暗い場所でも動作可能。

さらにこれらの機能は、Instagramなどのサードアプリ製アプリに対して解放されている点も特徴。これらのアプリに搭載されたカメラ機能から、本機のHDRやNight Vision、ポートレートモードといった機能にアクセスすることもできます。

ディスプレイサイズは6.5インチで解像度は1080 x 2430ドット、プロセッサはSnapdragon 675、RAM容量は4GBで内蔵ストレージは128GB。バッテリー容量は4000mAhで45Wの急速充電に対応し、30分で75%までの充電が可能です。OSはAndroid 10で、余計なアプリが入っていないことをアピールしています。

motorola one hyperはディープシー・ブルー/ダーク・アンバー/フレッシュ・オーキッドの3色が用意され、399.99ドル(約4万4000円)にて米国の公式サイトで販売が開始されています。さらに、今後はラテンアメリカやヨーロッパ地域にも投入される予定です。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, androidone, motorola, smartphone, smartphones
0シェア
FacebookTwitter