iPhone 12(仮)シリーズは4種類となり、全モデルが5G対応か。有名アナリストが予測

iPhoneのモデル数はどんどん増えていくんでしょうか

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年12月6日, 午後 07:00 in 5G
0シェア
FacebookTwitter
iPhone来年に発売される次期iPhone2020年モデルについて様々な噂が飛びかっていますが、とりわけ注目されているのが廉価かつ小型のiPhone SE2(仮)と、それに続く主力モデル、通称iPhone 12(仮)シリーズが5G対応となるかという2点です。これらに関して、有名アナリストの予測が伝えられています。米MacRumorsが入手した有名アナリストMing-Chi Kuo氏の研究ノートによると、まず2020年前半には4.7インチ画面を搭載したiPhone SE2が発売されるとのこと。こちらは既報の予想と同じであり、Kuo氏が固く信じていると再確認されたかたちです。

もう1つが、2020年秋に登場と見られるiPhone 12シリーズの件です。これらすべてが、クアルコムのX55モデム(Snapdragon X55)を搭載して5Gサポートが期待されるとのこと。同様の観測は、日本の日経新聞(Nikkei Asian Review)も伝えていました

ただし5G対応といっても、ミリ波(28Ghz帯などの高い帯域)やサブ6(6GHz以下の帯域)への対応は国により異なるそうです。ミリ波対応のモデルは米国、カナダ、日本、韓国、英国を含む5つの市場で販売される一方で、5Gサービスが未提供あるいは普及率が低い地域では生産コスト削減のためサブ6を無効にする可能性があると述べられています。

iPhone 12シリーズが4機種となり、そのうち6.1インチが2種類になるとの予測はJPモルガンのアナリストとも一致しています。Kuo氏の予想はさらに踏み込んでおり、それぞれ背面デュアルレンズ搭載の「iPhone 12」と、トリプルレンズの「iPhone 12 Pro」になるとのことです。

これまでのKuo氏の予測をまとめると、2020年のiPhoneのラインナップは以下の通りとなります。
  • 4.7インチiPhone SE 2:LCDディスプレイ、1レンズリアカメラ、5Gサポートなし
  • 5.4インチiPhone 12:有機ELディスプレイ、デュアルレンズリアカメラ、5Gサポート
  • 6.1インチiPhone 12:有機ELディスプレイ、デュアルレンズリアカメラ、5Gサポート
  • 6.1インチiPhone 12 Pro:有機ELディスプレイ、トリプルレンズリアカメラ、5Gサポート
  • 6.7インチiPhone 12 Pro Max:有機ELディスプレイ、トリプルレンズリアカメラ、5Gサポート
かつてアップルに復帰したスティーブ・ジョブズ氏は増えすぎたMacのラインナップを大幅に削ってiMacに集中していましたが、今後のiPhoneモデルがますます増殖し続けるのか気になるところです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 5G, apple, applerumor, iphone, iphone12, iphonese2, Ming-chiKuo, qualcomm
0シェア
FacebookTwitter