封筒っぽい「clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 5」は端末の絶妙なサイズ感が活きるケース

デザインと機能にほれぼれ

くんこく(Kunkoku)
くんこく(Kunkoku)
2019年12月8日, 午後 01:30 in case
0シェア
FacebookTwitter

Engadget
新しくXperia 5を手に入れました。当然本体を丁重に保護したいのでケースは重要です。

便利な機能性をもちながらもXperia 5のサイズを犠牲にしない、Deff(ディーフ)製PUレザーケース「clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 5」を使ってみました。直販価格は税込み3850円です。

「clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 5」は、スマホ本体をケースに挿し込んで封をする封筒のようなデザインがコンセプト。

外観には、レザーケースのような質感でありながら汚れや傷にも比較的強いPU(ポリウレタン)レザーを採用しています。

clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 5

カラバリはブラック、ネイビー、ワインレッドの3色展開。同色系であわせる、あるいはあえてカラーリングを変更して着せ替えを楽しむこともできます。

ケースのサイズは幅72×高172×厚19.5mm(ベルト及び金具部含む)。質量は約36gとなり、Xperia 5の本体重量(164g)とあわせて約200gになります。

clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 5

Xperia 5への装着方法は、ケースのサイドにあるフタ形状になった部分を開いて封筒に入れるように差し込みます。

その後、フタを元通りに差し込むとあら不思議、しっかりと収まって不意に開くことはありません。

特に本体のどこかをロックする機構ではなく、ケース内に包まれているといった表現のほうがあっているかもしれません。

内部は、そのままXperia 5のボディラインにそって作られており、しかもスウェード調のやわらかい素材でできていることもあり、優しく保護されていることがわかります。

clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 5

Xperia 5のディスプレイはベゼルも極限まで狭くなっているものの、ケースが干渉して見えづらいなんてこともありません。

本体右サイド面にあるボリュームキー/指紋センサー/電源キー/カメラキーといった物理ボタン類に関しても、全てダイレクトに操作できます。

本体の下面にあるUSB type-C端子は、ケースをくり抜いた形状でアクセスできます。

普段は素のままだと気にしたことのないスピーカーやマイクといったところも穴が開いており、使っていての支障もありません。

clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 5

逆に、ディスプレイをはじめアクセスに必要な箇所はすべて開口しているからといって、Xperia 5がケースから抜け落ちてしまうような事もありません。

本体への追従性もよく、全体を覆うケースにおいてもXperia 5のコンパクトさを犠牲にしないサイズに収まっているところは好印象。

Xperia 5に備わるディスプレイ左右の側面をダブルタップしたりフリックして連動する「サイドセンス」も利用できるようにケースがカットされています。

ただし、ケースに覆われていることもあり、「サイドセンス」をはじめ「ホームアイコン」や「戻るアイコン」にまつわる画面のはしっこをタッチするさいに思わずケースに指がひっかかる場合もあります。

clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 5

背面をみると、カメラ部分はキレイにくり抜かれています。

Xperia 5のカメラ部分はほんの少し出っ張っているのですが、こうしたケースに入れると置いた時に机でぶつからなくなるという安心感もあります。

ケースを装着したままでも、おサイフケータイ機能やNFCの機能も使えます。

clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 5

背面の下あたりにカードを入れられるポケットがあります。

クレジットカードサイズのプラスチックカードや名刺などをセットしておくことができます。

仮に本体にモバイルSuicaをインストールしていない場合でも、交通系カードをケースに入れておけば財布から取り出す面倒がなく便利。

ただし、Xperia 5のコンパクトさもあってケース入れの奥行きが狭いため、カードが少しはみ出して見えてしまう状態になる点には注意が必要です。

clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 5

背面にあるベルトは、スマホにつけるストラップリングと同じように、指を通して本体をつかむことでしっかりとホールドできます。

Xperia 5は21:9とタテに長いディスプレイのため、上から下まで片手持ちしてタップするときにも非常に安定して操作できます。

clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 5

さらにこのベルトを目一杯引き出すと、ちょうどアーチ状の形になり横置きした際のスマホスタンドとしても活用できます。

強く画面をタッチしてしまうと、倒れてしまう可能性もありますが、後ろに支えを用意せずに自立できると動画や写真を視聴するときには便利です。

clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 5

ベルトの端にある穴(ハトメ)を利用すれば、ストラップを取り付けることもできます。

以前はあったストラップホールは最近のXperiaにはなくなってしまいました。

ケースにストラップが付けることができれば、多少アクロバティックな持ち方をしてカメラ撮影をしても落としてしまうリスクを減らせます。

clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 5

Xperia 5は持ちやすい絶妙なサイズ感が魅力で、いくら機能性があってもケースを着けてそれを台無しにはしたくないもの。

そういった意味では、本体にピッタリとフィットして大きくなりすぎず、しっかりと保護してくれるよく出来たケースです。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: case, mobile, smartphone, xperia, Xperia 5, xperia5
0シェア
FacebookTwitter