Android OSにて非公式アプリのインストールをブロックする機能、導入を検討中か

より高い安全性のために

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年12月9日, 午前 11:30 in security
0シェア
FacebookTwitter
Google App

Google Play以外で配布されている非公式アプリのインストールをブロックする仕組みが将来Android OSに導入される可能性を、海外テックサイトの9to5Googleが伝えています。

この情報は最新のPlay Storeアプリから発見されたものです。Googleアカウントやサービスの安全性を高める「Advanced Protection」に登録しているユーザーが対象で、最新のPlay Storeアプリをインストールしている場合に「サイドローディング」に対するプロテクション機能が働きます。

「サイドローディング」とはGoogle Play Store以外から、直接アプリパッケージ(APKファイル)をダウンロードしてAndroidにインストールする行為で、Advanced Protectionに登録されているユーザーは原則として阻止されるようになります。

9to5Googleに掲載されている動画では、実際に非公式アプリをインストールしようとすると「App blocked by Advanced Protection」というメッセージが表示され、インストールできない様子が確認できます。

また、非公式アプリをブロックするだけでなく、アプリの安全性をチェックする「Google Play Protect」によりAPKファイルをスキャンし、その後にインストールを許可するシステムも考慮されているようです。

現時点では、このシステムがいつ、どのような形で実装されるのかはわかっていません。しかしストア外にあるアプリを使わなければならないユーザーにとって、このシステムはより安全性を高める有効な仕組みとなることでしょう。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, GooglePlay, mobile, security, smartphone
0シェア
FacebookTwitter