Nintendo Switchで一番ハマった! バトロワ時代のパズルゲー「テトリス99」|ベストバイ2019

無料なのも嬉しいポイント

岡安学
岡安学
2019年12月8日, 午後 03:17 in bestbuy2019
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Nintendo Switchのオススメソフトと言えば、ローンチタイトルの『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』やオンライン対戦が楽しい『スプラトゥーン2』。未だにヒットし続けている『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』。そして今年の11月に発売したばかりの『ポケットモンスター ソード・シールド』あたりが挙げられるのではないでしょうか。しかし、それら強力タイトルを押さえて私がオススメしたいのが『テトリス99』です。
■関連リンク
テトリス99

■Engadgetベストバイ2019
Engadget
Engadgetのライター陣が2019年にベストだと思ったスマホやカメラ、デジタルガジェットを一挙紹介するベストバイ企画を展開中です。年末年始のお買い物の参考にドウゾ!ベストバイ記事の一覧は下記のリンクからご覧いただけます。
https://japanese.engadget.com/latest-reviews/

バトロワ時代のテトリス

Engadget
『テトリス99』は、2月14日に配信を開始したダウンロード専用のソフトです。オンライン対戦で遊ぶタイトルなので、Nintendo Switch Onlineの加入が必要となりますが、基本無料のタイトルなのでとりあえずのお試しプレイができるのが嬉しいところ。

『テトリス99』は、タイトルからわかるように、昔ながらの落ちものパズルゲームである『テトリス』です。新作である以上、何かゲーム的に進化しているかと言うと、実はそんなに進化はしていません。ゲームセンターの『テトリス』以来やったことがないって人は、多少進化していますが、基本的には7つのミノ(テトリスのブロック)を組み合わせて、横一列埋め尽くされると消えると言う仕様は変わっていません。

では、このタイトルの魅力は過去の名作として、ノスタルジックなゲームとしてのものしかないかと言うとそういうことではありません。『テトリス99』の魅力は対戦システムにあります。そう、ここでタイトルにある意味ありげの数字99に意味が出てきます。この数字は対戦する人数を表しており、自分を含めた99人で対戦するテトリスなわけです。

Engadget
▲背景に見える98のテトリスの画面はすべてリアルタイムで動いており、全員が敵です。

ここ数年でヒットしたゲームにバトロワ系と言うものがありますが、あれは100人で全員が敵となり、最後のひとりの生き残りを決めるシューティングゲームです。『PUBG』『荒野行動』『Fortnite』などが代表例です。で、それらもシューティングとして目新しいものがあるかと言うと、そうでもなく、100人でラストスタンディングマンを決めると言うところに面白さがあったわけです。

で、『テトリス99』です。これもバトロワ系の面白さを踏襲しています。最後のひとりとなるまでミノを積み続けます。バトロワ系のシューティングと同様に、すべての敵を倒すのではなく、最後に生き残ったプレイヤーが勝ちとなるので、最終的にはひとりを倒すだけでも優勝することは可能です。なので、強いプレイヤーが必ず勝つのではなく、タイミングによっては、そこそこの腕でも勝ててしまうのも楽しさのひとつです。

Engadget
▲最後まで生き残ると「テト1」の称号が獲得できます。

戦略としては、ひたすらひとりプレイ時のように、積み上がらないことを目指すのではなく、4つの作戦を駆使して戦っていきます。作戦はランダム、とどめうち、カウンター、バッジねらいの4つです。ランダムは相手から狙われにくい利点があり、とどめうちは積み上がりそうなプレイヤーを狙い、カウンターは多くのプレイヤーに狙われた時、バッジねらいは攻撃力の強化を狙う時に使います。

ゲームのシステム上、多くの敵に狙われると攻撃力がアップするうえ、カウンターだとさらに攻撃力が上がるので、一発逆転が狙えるわけです。他のプレイヤーを倒すとバッジが貰え、バッジが多いほど、攻撃力も高くなります。また、倒した相手が保有しているバッジは倒すとそのまま獲得できるので、バッジをたくさん持っている相手を狙うのは、一気に攻撃力を上げるチャンスだったりします。
ただ、バッジをたくさん持っていると言うことは、強い相手だとも言えますし、多くの人がその人を狙う可能性もあります。そうなるとカウンターで攻撃力を強化してきた場合は、手痛い反撃を食らうこともあるわけです。

TスピンやRENなどのテクニックで戦闘を激化

Engadget
▲画面中央上部に書いてあるランダム、とどめうち、カウンター、バッジねらいの作戦をRスティックを動かして変更します。

さらに『ぷよぷよテトリス』ではすでに当たり前となっている『テトリス』のテクニックもあります。ゲームセンター時代やスーファミ時代の『テトリス』以来触っていない人にとっては、最強の攻撃は、どこか1マス分だけわざと空けてミノを積み、いわゆる棒(1列に4つのブロックが並んだミノ)を待って、一気に4ライン消すテトリスだと考えているのではないでしょうか。

今の『テトリス』は様々な攻撃方法があります。そのひとつがTスピンです。T型ミノは積み上がったミノに触れて完全に停止するまでの間に、回転をすると、本来では置けない形でミノを設置することができます。このテクニックを使ってミノを消すと4ライン消しのテトリスよりも高い攻撃力を得ることができます。

さらにRENと言う技もあります。これは連続してミノを消すことで本来攻撃力が発生しない1ライン消しでも攻撃力が発生することができます。『テトリス』は『ぷよぷよ』と違い連鎖のイメージはほとんどないですが、RENもうまく仕込めば10連以上の連鎖攻撃をすることができます。

Engadget
▲このままT型ミノを落としても、1ラインしか消すことができません。

Engadget
▲設置した瞬間に右回転をすると、あら不思議、隙間にしっかりと収まって、2ライン消しになりました。これがTスピンです。

こういったテクニックがあると勝ちやすくはなります。しかし、先ほど紹介したバトロワ系のシューティングでも、序盤に武器を取る前に強力な武器を持った相手に見つかったり、5対1のような構図で倒されたりと、強い人でも負ける要素があります。『テトリス99』でも5人以上から狙われて、同時に5段以上のブロックが送られてしまうことも.........。

あとは、手軽さですね。相当熟練したプレイヤーが1対1で残るようなことがなければ、1試合は5分程度で終わります。すぐに挑戦できますし、99人集めなくてはならない割にはマッチングも早くすぐに遊ぶことができます。お休み前に1~2戦って感じができるのが本当に良いです。

ニンテンドースイッチライトも売れているようですし、『ポケットモンスター ソード・シールド』目当てでニンテンドースイッチを購入した人も多いと思います。そんな新規購入者はとりあえずニンテンドーeショップで『テトリス99』をダウンロードしておくと良いですよ。何度も言いますけど無料ですし、容量もそんなに多くないですし、得しかありません。

ちなみに、追加コンテンツが1019円で、ニンテンドーeショップで購入できます。オフラインで遊べるCPUと99人対戦ができるCPUバトルとじゃまが入らずひとりで練習できるマラソン、複数のニンテンドースイッチを持ち寄って最大8人+CPUで99人バトルができるもちよりバトル、Joy-Conをお裾分けしてCPUと99人対戦ができるシェアバトルが遊べるようになります。

■関連リンク
テトリス99

■Engadgetベストバイ2019
Engadget
Engadgetのライター陣が2019年にベストだと思ったスマホやカメラ、デジタルガジェットを一挙紹介するベストバイ企画を展開中です。年末年始のお買い物の参考にドウゾ!ベストバイ記事の一覧は下記のリンクからご覧いただけます。
https://japanese.engadget.com/latest-reviews/

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: bestbuy2019, game, nintendoswitch, tetolis99
0シェア
FacebookTwitter