Engadget
IT系の媒体で取材をする報道陣は、自身で撮影も行う関係上、新聞記者などよりはカメラに気を使っている人が多くいます。そうした面々は記者席に座って発表会などを取材するため、カメラマンと違って壇上の近くに寄れず、高倍率ズームが必要となります。

そうしたカメラにもはやりすたりがあって、最初のブームは2002年のLUMIX DMC-FZ1でしょう。光学12倍ズームという高倍率ズーム機の先駆けで、一時期はこのFZシリーズが記者席を席巻しました。

その後、デジタタル一眼レフカメラやミラーレスカメラの低価格化で利用者が増え、私も使っています。さらにフルサイズセンサー搭載のカメラを使う記者もいますし、逆にスマートフォンカメラだけで済ませるという記者もいます。その中間にあたるのが、今年購入したLUMIX DC-TX2です。私は普段。Peak DesignのハンドストラップとCaptureを装着して、カバンにも素早く装着できるようにしています。

■関連リンク
LUMIX DC-TX2製品サイト
■Engadgetベストバイ2019
Engadget
Engadgetのライター陣が2019年にベストだと思ったスマホやカメラ、デジタルガジェットを一挙紹介するベストバイ企画を展開中です。年末年始のお買い物の参考にドウゾ!ベストバイ記事の一覧は下記のリンクからご覧いただけます。
https://japanese.engadget.com/latest-reviews/

発売自体は2018年ですが、なぜ今年購入したのかというと、端的に言ってレンズ交換式カメラの持ち歩きが大変になってきたからです。レンズ交換式カメラに高倍率ズームレンズを装着すると、1kgを越えます。

これに外部ストロボやノートPC、複数台のスマートフォンなどを持ち歩くと、まあまあの重さを毎日のように背負って出歩くことになります。海外のイベント取材になると、その状況で1日2万歩を歩くこともあって、体力的に厳しいと感じていたことが一つ。

実は1インチセンサーの画質は少し心配していたのですが、いろいろ調べた結果、自分の仕事の用途では大丈夫だろうと判断した、というのが、購入にいたる経緯です。同業者の意見も参考にしたのですが、やはり価格がこなれてきたのも重要です。

RX100シリーズは8倍ズームのRX100M6でも12万円を超えていますが、TX2は光学倍率15倍で実売価格8万円ほど。RX10シリーズなどのいわゆるネオ一眼タイプは倍率は高いですが価格も高く、重さもそれなり。そう考えると、コンパクトなTX2が最もバランスが取れていると判断しました。

今まで使っていたミラーレスのレンズが12-100mm(35mm判換算24-200mm) F4でしたが、これが35mm判換算24-360mm F3.3-F6.4になりました。望遠側は暗くなりましたが、より高感度を使い、後処理を前提に考えればカバーできるレベルで、それよりもより望遠になったことが重要です。

Engadget▲海外イベントは特に登壇者と距離が離れます。これはテレ端。モードはシャッタースピード優先にして、最低でも1/125秒を確保するようにしています。これはドイツで開催されたIFA 2019でのHuaweiのイベントです。

当初から考えていた課題はAFと画質です。AFの速さはもとより、ピントの合いやすさも問題です。これは、今までもパナソニックのミラーレスを使っており、比べてみるとTX2では望遠側の弱さはあるものの、十分な印象。スマートフォンの側面のような細いエリアのピント合わせはもともとコントラストAFは不得意ですが、フォーカスモードを「AFマクロ」、オートフォーカスモードを「ピンポイント」とすれば、「手に持ったスマートフォンの側面を撮る」シーン(一般的ではありませんがW)でも十分撮影できます。

Engadget
▲手に持ったスマートフォンを撮影する例。そのままだとまったくピントが合わない場合、指にピント合わせをするようにしてするのもコツです。

画質も、ISO1600までなら画像処理でカバーできます。RAWで撮影すればなお処理しやすいので、そうした機能を使い分けています。カスタマイズ性も高いので、オートフォーカスモードの切り替えをボタンに割り当てたり、カスタムモードを使って設定を切り替えたりといった工夫もしています。

総じて、今までのミラーレスと変わらない程度の画像を、よりコンパクト・軽量に得られるようになりました。ミラーレスよりは気を使うシーンもありますが、軽さとコンパクトさには敵いません。

高倍率ズーム機は、旅行にも便利ですが、筆者のような仕事では特に利便性が高く、使い勝手の良さで、当面は手放せないカメラになりそうです。逆に、プライベートでのカメラとしての楽しみのためには、ほかのカメラも欲しくなるなあ、というのが最近の悩みどころです。

■関連リンク
LUMIX DC-TX2製品サイト
■Engadgetベストバイ2019
Engadget
Engadgetのライター陣が2019年にベストだと思ったスマホやカメラ、デジタルガジェットを一挙紹介するベストバイ企画を展開中です。年末年始のお買い物の参考にドウゾ!ベストバイ記事の一覧は下記のリンクからご覧いただけます。
https://japanese.engadget.com/tag/bestbuy2019