マイクロソフト、Wunderlistを2020年5月6日にシャットダウン

To Doへの移行を促しています

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年12月10日, 午後 12:20 in services
0シェア
FacebookTwitter
Wunderlist shutdown
いまでも根強い人気を持つタスク管理アプリのWunderlistが、2020年5月6日にサービスを終了すると発表しました。

Wunderlistは、2011年にスタートアップの6Wunderkinderがリリースしたタスク管理アプリ。同社は2015年、Microsoftに買収されており、MicrosoftはWunderlistをもとにMicrosoft To Doをリリースしました。Wunderlistへの新機能追加や大きな更新プログラムのリリースはすでに終了しており、アプリが古くなるにつれ、メンテナンスが難しくなるのがサービス終了の理由だとしています。

また、Microsoftはもともと、To DoがWunderlistと同等機能になったらWunderlistをシャットダウンするとも発表しており、その時期がいよいよやってきたというわけです。

2019年9月には、創業者のChristian Reber氏がサービス終了を回避するため、買戻しの提案を行っていましたが、それからわずか3か月で終了発表となりました。


5月6日以降、Wunderlistは同期されなくなりますが、しばらくの間はTo Doへのインポートが可能とのこと。また、今日時点で、Wunderlistへの新規サインアップも終了しています。



 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: gear, microsoft, microsoft to do, microsoft to-do, microsofttodo, productivity, services, to do, to-do, todo, wunderlist
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents