iOS版Googleマップにもシークレットモード。Android版には訪問場所の一括削除機能も

一括削除は1月にリリース予定

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年12月10日, 午後 02:00 in mobile
1シェア
Google Map
Googleは11月、Android版Googleマップにシークレットモードを追加しました。これを利用すると、検索履歴やタイムラインに履歴を残さず、過去に訪れた場所に基づくパーソナライズ機能なども提供されなくなります。Googleに訪問先の情報を渡さずに済むのが、重要なメリットと考える人もいるかもしれません。

そして、Androidから遅れること1か月、iOS版にもシークレットモードの提供が開始されました。


iOS版もAndroid版と同じように機能するとのこと。利用可能になれば、右上のユーザーアイコンをタップした際にシークレットモードのメニューが表示されます。

またAndroid版では、タイムラインの一括削除機能の追加も発表されています。現在でも、タイムライで場所毎に一括削除したり、ロケーション履歴から定期的に履歴を削除したりできますが、新機能では、複数個所の訪問履歴を一括で削除できるようになります。

家族や恋人にスマートフォンを貸した際、シークレットモードを使っていてある期間だけ履歴が残っていないのを不審に思われたり、お店への訪問履歴でサプライズのプレゼント購入がばれたりしないようにするには、便利な機能となりそうです。

この一括削除機能は、1月にリリース予定とのことです。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: android, gear, google, google maps, incognito, incognito mode, internet, ios, ipad, iphone, mobile, navigation, privacy
1シェア