Oculus Questのリモコン不要ハンドトラッキングが前倒しで今週配信。開発者APIも来週

サードパーティアプリの解禁は2020年

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2019年12月11日, 午後 01:40 in computervision
0シェア
FacebookTwitter
Oculus

スタンドアロン型VRヘッドセット Oculus Quest で、コントローラを持たずに操作できるハンドトラッキングが今週から使えるようになります。

Oculus Quest のハンドトラッキングは、ヘッドセットの前面カメラで捉えた映像からユーザーの手の位置や指の動きを認識して、VR空間に反映する技術。複雑なセンサつきのコントローラを持つ必要なく、VR空間で自然に手を使えるようになります。



今年9月の開発者イベント Oculus Connect で発表した際は「2020年早期から」の予定でしたが、一部の Oculus 製アプリのナビゲーションだけで使える実験機能として、早くも今週のアップデートから一般ユーザー向けに提供します。

開発者向けのAPI提供は来週から。対応したサードパーティアプリは、2020年1月から登場する見込みです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: computervision, cv, facebook, hand tracking, handtracking, oculus, oculus quest, oculusquest, vr
0シェア
FacebookTwitter