スマホだけで無料で簡単にVlog作成!おすすめ動画編集アプリ3選

VLLOは機能が豊富で兎に角使いやすい!

小彩 楓
小彩 楓, @koiro_kaede
2019年12月11日, 午前 08:17 in app
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
みなさんこんにちは。小彩です。前回の記事でVlogを作って載せましたが、初めてだったわりに評判がよく、とても嬉しかったです。
編集ソフトは何?と何度か聞かれたのですが、記事にも書いた通り「VLLO(ブロ)」というスマホアプリを使いました。電車移動が多いわたしは車内での時間を有効活用したいので、動画編集はパソコンではなくスマホ派なんです。

そんなわたしですが、最近ますます動画編集にハマってしまい、最も使いやすい動画編集アプリを探すべく、人気アプリを徹底的に調査してみました!✨
一通りのアプリを触ってみて自分なりの結論が出たので、今日はみなさんにわたしのおすすめ動画編集アプリベスト3を紹介したいと思います!(.^-^.)


まず、わたしがアプリを選ぶ上での絶対条件は以下の通りでした。

①無料で使える
②スマホが縦向きのまま操作できる
③直感的で使いやすい
④機能が豊富である
⑤保存しても画質が悪くならない(たとえ悪くなっても肉眼では気付かないレベル)


これらの条件を満たし、その中でも使いやすかったお気に入りアプリがこちらです!😊🧡

1位|機能が豊富で兎に角使いやすい!「VLLO(ブロ)」


Engadget
VLLOはレビューの評価が断トツに良く、素人でも使いやすいという口コミが多かったのです。編集が初めてでも直感的に操作できるので本当に使いやすく、何より機能の多さにテンションが上がりました。

■主な機能
画面比率の変更、トリミング、動画のカット、分割、速度調整、逆再生、複製、反転、背景の選択、転換効果、BGM、効果音、アフレコ、音量調節、音声やBGMのフェードイン/アウト、テキスト導入、テキストアニメーション、字幕、フォント変更、1000個以上のステッカー、テンプレート、フィルター、エフェクト、動画の中に写真を重ねるetc。

Engadget
サウンドやフォント、ステッカーなど選べるものはとにかく種類が豊富で、速度や音量に関しても他のアプリと比べ振り幅が大きく、圧倒的に自由度が高いです。ですので、かなり拘りがある方でもイメージ通りの作品を作ることができます!

他のアプリもたくさん触ってみて気付いたのですが、ここまで何でもできて無料なのは他にないでしょう。

特に驚いたのは、音量調整が非常に細かくできる点です。だれかが喋ったときにだけBGMを小さくしたり、さらには好きな区間でだんだんと音量を上げたり下げたりと自由自在に操れます。

他のアプリで同じことをしようとすると、音量を変えたいところで動画を分割し、動画ごとに音量を調整しなければなりません。だんだんとボリュームをあげるとなればその分分割が必要になってくるので非常に面倒なんですよね。その手間が省けるのでかなり嬉しい機能です。



Engadget
ただ残念なのは、明るさや彩度の調整が課金しないとできない点です。全ての機能が使える有料オプション(¥960)で可能になります。


Engadget
他にも画面比率の選択肢が少ないのが若干気になるのと、ラベル(テキストを入力できるスタンプのようなもの)にもう少しシンプルでスタイリッシュなデザインを追加してほしいというのはありますが、それ以外は完璧と言えます!!

これからYouTubeを始める方には一番使い勝手のいいアプリだと思うので、ぜひ騙されたと思って試してみてください!!(﹡ˆ-ˆ﹡)

ちなみに、こちらはわたしが1時間程度でVLLOで編集した動画です↓

■VLLOダウンロード
App Store
Google Play

2位|オシャレな動画をサッと作れる!「InShot(インショット)」

Engadget
InShotもVLLO同様直感的に操作できかなり使いやすいアプリです😊
機能もVLLOに次いで豊富です。

■主な機能
画面比率の変更、トリミング、動画のカット、分割、速度調整、逆再生、複製、反転、背景の選択、転換効果、BGM、効果音、アフレコ、音量調節、BGMのフェードイン/アウト、テキスト導入、テキストアニメーション、フォント変更、ステッカー、色調補正、フィルター、エフェクトetc。


Engadget
お気に入りポイントは、画面比率の選択肢が豊富なことと、トリミング操作がしやすい点です。また、VLLOでは課金しなければできない色調補正が無料でできるのもInShotの魅力です!

しかしながら、一見VLLOと同じくらい機能があるように見えるものの、全体的には若干劣ります。フォントの種類が少なく、音量や速度調整の振り幅もVLLOよりやや小さいです。

そして、何より残念なのが戻るボタンがないところ。そこが改善されれば使いやすさはNo.1なのですが......。

またステッカーはカラフルでポップなものばかりなので、シンプルで大人らしい編集を求める方にはおすすめしません。

わたしは、YouTube用のオシャレな動画はVLLOで編集したいですが、Instagramに投稿する簡単な動画は、トリミングのしやすいInShotを愛用しています😊
■InShotダウンロード
App Store
Google Play

3位|iPhoneユーザーならとりあえずコレ!「iMovie(アイムービー)」


Engadget
iMovieはパソコン版と比べiPhone版だとかなり機能が制限されてしまうようですが、使いやすさは抜群なので3位に選びました。編集に必要な最低限の機能は備わっているという印象です。

■主な機能
動画のカット、分割、速度調整、複製、転換効果、BGM、効果音、アフレコ、音量調節、BGMのフェードアウト、テキスト導入、フィルター、ピクチャーインピクチャー(動画の中に写真や動画を入れる)etc。

Engadget

上記アプリよりも機能が少ない分、選択に迷わないので時短になります。アスペクト比は16:9に固定されており、それ以外のサイズには変更できません。逆再生や反転、色調補正もできず、ステッカーやエフェクトもないため凝った編集はできませんが、戻るボタンがあるのは非常に嬉しいところ。

また、フォントの選択や配置の自由度は低いですが、入力するだけでバランス良く配置されます。見せ方に拘りがなく、時短でパパっとかっこいい動画が作りたいという方にはiMovieが一番おすすめです😊

また、音楽や効果音の種類はVLLOとInShotに負けないくらい豊富で、特に効果音は使いやすいものが多いです。さらに、無料で動画の上に動画を重ねられたり、簡単に2つの動画を並べて同時に再生できたりと(スプリットスクリーン)、iMovieならではの便利な機能もあります。



Engadget
iPhoneの方はぜひ試してみてください☺️


以上、わたしが選ぶおすすめ動画編集アプリベスト3でした✨👑

まとめると、とことん拘って素敵な動画を作りたい方はVLLOをメインに使うのが断然おすすめです!画面比率の変更や色調補正など、足りない部分はInShotを併用して使うといいでしょう☺️

また、iPhoneの方は効果音や音楽はiMovieもチェックしてみるとよりイメージに合ったものが見つかるかもしれません(﹡ˆ-ˆ﹡) あまり拘らずパパっとかっこよく仕上げたいという方はiMovieだけで十分でしょう。
■ダウンロードiMovie
App Store

これから動画編集にチャレンジしたいという方、少しでも参考になったら嬉しいです🤗

最後に、今日のイラストはこちら!

Engadget

チェスくんが釣ったものに注目です👀笑
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: app, bestbuy2019, camera, iphone, movie, video, Vlog
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents