iOS/iPadOS向けLightroom、外部メディアからの直接読み込みに対応

手間もストレージも省けます

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年12月11日, 午後 02:20 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
Lightroom
iOS、iPadOS向けのAdobe Lightroomがアップデートし、SDカードやUSBメモリなど外部メディアからの画像の直接読み込みに対応しました。iOS/iPadOS 13.2以降で利用可能です。

Lightroomの画像直接読み込み機能は、11月に行われたAdobe MAXで発表されていたもの。これまで、iOS/iPadOSのLightroomで画像を取り込むには、一旦iPhoneのストレージに写真を保存し、そこからLightroomに取り込む必要がありました。


手間がかかるだけではなく、ストレージを2倍消費してしまうのが厄介でしたが、今後は、外部メディアから直接取り込むことで、手間もストレージも節約が可能です。



なお、Adobe MAXではこのほかにも、iPad版PhotoShop(リリース済み)やillustrator(2020年リリース予定)も発表されています。iPhone、iPadを使った画像加工などが、ますます捗るようになりそうです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Adobe, apple, cameras, design, direct import, gear, iOS, Lightroom, mobile, SD, USB
0シェア
FacebookTwitter