ポール・マッカートニー作の冒険小説、Netflixがアニメ化へ。仏Gaumontと共同製作

企画はだいぶ前からありました

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年12月11日, 午後 03:50 in Services
0シェア
FacebookTwitter
AP Photo / Lefteris Pitarakis
Netflixと仏Gaumontが、ポール・マッカートニーが2005年に書籍化したジュブナイル小説『あの雲の向こうに(原題:High in the Clouds)』のアニメ作品化する権利を獲得したと発表しました。この作品はリスのウィラルが少年ギャング集団に引き込まれ、そこで自分より目立つ者の"声"を盗むと言われる歌の上手いフクロウのグレッチと敵対するというあらすじがNetflixによって紹介されています。

脚本を担当するのは『ファンタスティックビースト』や『パディントン』に関わったジョン・クローカーが手がけ、ストップモーションアニメ作品『真逆のふたり』などで知られるティモシー・レッカートが監督を務めます。ポール・マッカートニーは共同プロデューサーとして作品に加わり、ビートルズの楽曲も使われるとされます。

マッカートニーはNetflix&Gaumontとの作品製作について「僕たちの映画を世界中の観客に届ける上で、これ以上のパートナーは思い浮かばない」「世界の人々に見てもらうのが待ちきれない」と述べています。

出演俳優や配信予定時期はまだ決定していないものの、おそらくこの作品はNetflixの子ども向け作品としてはもっとも知名度の高い部類になりそうです。
ちなみに、この作品は2013年頃から映画化の話が持ち上がっており、今回発表された制作陣も2018年初頭にはGaumontを主体として脚本や監督などが決まったことが報じられていました。そこへ今回Netflixが加わった格好と言えます。とはいえNetflixの合流は特に予算面で作品の製作を後押しすることが考えられ、ここから完成まではトントン拍子で進むかもしれません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: entertainment, gaumont, high in the clouds, internet, movie, movies, netflix, paul mccartney, services, streaming
0シェア
FacebookTwitter