Windows 10 Mobile、サポート終了。Officeアプリも2021年1月に更新停止

iOSやAndroidへの乗り換えが推奨されてます

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年12月11日, 午後 05:10 in android
0シェア
FacebookTwitter
Windows Mobile
ASSOCIATED PRESS

マイクロソフトは12月10日(米現地時間)、Windows 10 Mobileデバイスのサポートを終了し、セキュリティおよびソフトウェアアップデート更新を停止しました。

それは今年初めの予告通りですが、新たにWindows 10 Mobile向けOfficeアプリのサポートも2021年1月12日に終了すると発表されています。サポート期間の終了後は、セキュリティ更新プログラムやそれ以外の修正プログラム、無料アシストは受けられなくなるとのことです。Windows 10 Mobileは、マイクロソフトが開発およびリリースしたモバイル機器向けのOSです。2015年末からスマートフォンおよび8インチ未満のタブレット用に提供されてきましたが、約4年の現役期間を終了することになりました。

サポートが終了したデバイスはセキュリティ更新が受けられず、外部からの攻撃に晒されるリスクも高まります。そうしたユーザーの懸念に対して、マイクロソフトはiOSやAndroidデバイスへの乗り換えを勧めていました

当時それは「他社製品を推奨」とイコールだったために話題となりましたが、Surface Duoが発表された後に振り返ると、すでにAndroid搭載の自社製品を開発中だった可能性もあります。

Windows 10 Mobile用Officeアプリのサポート終了に関しても、マイクロソフトは「引き続きサポートされるiOSおよびAndroidアプリを通じて、消費者、商業、教育、および政府ユーザー向けに、スマートフォンで優れたOffice体験を提供することに従事しています。これらのプラットフォームのアプリストアからOffice iOSおよびAndroidアプリを入手できます」と告知しています。

マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏は、GoogleがAndroidにより手にした巨大なスマートフォン市場を得られなかったことが「最大の過ちだった」と振り返っていました。しかし同社はOfficeアプリを2つのモバイルOSに提供しつつ、Windows 10にAndroidデバイスを一体化させる「Your Phone」などを送り出しており、市場の独占よりも様々なプラットフォームとの共存を目指しているのかもしれません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, ios, microsoft, mobile, OperatingSystem, os, security, smartphone, windows10mobile
0シェア
FacebookTwitter