Googleアシスタントの「通訳モード」がiPhone・Androidで利用可能に

海外旅行が快適に

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年12月13日, 午後 12:55 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
engadget
これまでスマートスピーカーとスマートディスプレイ限定だった、Googleアシスタントの「通訳モード」がスマートフォン向けに解禁。AndroidおよびiOSのGoogleアシスタントで使えるようになりました。

通訳モードは、Googleアシスタントで「日本語から英語に通訳して」などと話しかけることで利用可能。その後、日本語で話すと英語に逐次通訳し、英語で話すと日本語に逐次通訳してくれます。また、相手への応答を相手の言語で適切に提案する「スマートリプライ」機能も搭載します。

同モードは日本語や英語を含む44言語に対応。実際に使ってみると翻訳スピードはかなり高速で、タイムラグが少なく、ストレスを感じません。

GoogleといえばGoogleマップにも翻訳機能を提供しているほか、Google Lensにも画像翻訳機能を実装するなど、スマートフォンにおける翻訳機能を強化しています。

これら機能は、外国人とのコミュニケーションや、外国を旅行する際に役立ちそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: googleassistant, mobile
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents