ソーラー充電可能なガーミン製GPSウォッチ「fenix 6X Pro Dual Power」日本向けモデル発表

12月19日発売、13万円から

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年12月12日, 午後 04:00 in smartwatch
0シェア
FacebookTwitter
fenix6X Pro Dual Power Garmin
老舗GPS機器メーカーのガーミンは、今年夏に発売した「fenix6」シリーズの最上位モデルとなるスマートウォッチ「fenix 6X Pro Dual Power」を12月19日に発売します。税別価格は13万円から16万3000円で、Amazonや楽天などのECサイトや家電量販店で販売します。

最大の売りとなるのは、ソーラー充電に対応すること。スマートウォッチモードで約24時間分の充電が可能(屋外で1週間毎日、3時間5万ルクスの光に当てた場合)。ソーラー充電を使わない場合でも駆動時間が長く、GPS+光学心拍計モードであっても最大60時間も使用できます。また、電力と機能の有効・無効を素早く設定できる「パワーマネージャー」機能を搭載し、パワーモードを使えば、GPSや地図、心拍機能など使用機能のON/OFFを自由に切り替えでき、アクティビティの目的に合わせて最大限のバッテリー稼働時間を得られます。さらに、残りの稼働時間を「パーセント」ではなく、「残り時間」で表示します。

画面サイズは1.4インチ。前世代製品「fenix5X plus」に比べて36%もサイズアップしたディスプレイとなります。従来製品では、アクティビティで1画面に表示可能なデータの項目数が最大4つまでと限られていましたが、画面サイズが大型化したことで8分割表示にも対応します。

アクティビティ関連では、PaceProという新機能も搭載されています。これは、予めランニングコースや目標タイムを設定すると、コースのアップダウンも考慮した区間ごとのペース配分を作成。リアルタイムにそのペースを確認できるというものです。

地図機能は、道路、登山、国内外4万1000か所のゴルフコースに加え、世界中にある約2000のスキーリゾートのデータを収録しています。この他にも、ランニング、プールスイム、サイクリングなどのマルチスポーツトラッキング、音楽再生、NFCを使った決済機能などに対応します。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: fitness, garmin, garmin fenix, garmin fenix 6, garmin fenix 6s, GPS watch, smart watch, smartwatch, wearables
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents