iPhoneをiPod classic化するアプリ公開。App Store審査を通るためトンチが効いてます

いつまで公開されているかは不明です

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年12月13日, 午前 11:30 in apple
0シェア
FacebookTwitter
ipod
先日iPhoneをiPod Classic化する、すなわちクリックホイール等を再現したMP3プレイヤーアプリを紹介しました。そちらはApp Storeの審査プロセスのため(アップル製品のインターフェースについての著作権問題もあり)最終的にリリースされるかどうかは定かではありません。

その一方、別の開発者がApp Storeに同様のアプリ「Rewound」(巻き戻し)を提出し、承認を得て公開することに成功しました。いくつかの手順は必要ですが、iPhone上に懐かしのiPod classicの使い心地や手触りが蘇ります。アプリ開発者のLouis Anslow氏は、App Storeの審査をくぐり抜けるため、いくつかのトリックを使っています。一般的にアップル製品またはインターフェース画像の使用が禁じられていますが、本アプリもストアでは「iPod Classic」のキーワード検索ではヒットせず、デフォルトの設定では普通のサードパーティ製アプリと変わりのない見かけです。インストール直後の素の状態では、再生や巻き戻しなど、何の変哲もないコントロールボタンが実装されています。

ではなぜ「iPod Classic」風になるのか。その秘密はユーザーが任意の画像をプレイヤーのスキンとして追加できる機能にあります。アプリ内にデータとして含まれていない画像(つまりApp Storeの審査対象ではない)を追加すると、ボタンが非表示になり、仮想クリックホイールで操作できるようになるというわけ。

筆者も実際にインストールして使ってみました。まず設定でスキン(Custom Skin)を選択。さらに「Download Skins」をクリックしてTwitterあるいはWeiboに移動し、そこで画像を「写真」にダウンロード。そして「写真」からスキンを選ぶと、iPhoneがiPod classicに変身するのです。

ipod

本物さながらにホイールを丸くなぞってスクロールさせ、中央をタップして項目を選択できます。触覚フィードバックもiPhoneのハプティック機能で再現されており、まるでiPod classicを手にしているかのよう。アルバム、アーティスト、曲やプレイリストも利用可能です。
Anslow氏は海外テックメディアThe Vergeに、アプリの最初の狙いはiPodインターフェースを再現することだったが、将来的には何種類かのタイプのテーマをサポートできるよう設計していると語っています。そうすれば「iPod classicシミュレーター」ではなく「多様なテーマが使えるMP3プレイヤーが、たまたまiPod classicに似た使い方もできる」ということで、アップルが削除する可能性が低くなるかもしれません。

また現状ではApple Musicの定期購読が必須となっていますが、Anslow氏はSpotifyサポートを追加すると約束しています。

本アプリは無料でダウンロードでき、iOS 10以降を実行しているiPhoneおよびiPod touchと互換性があります。一部の機能は、1回限りのアプリ内購入でロック解除できます。なおiPod classicの再現だけであれば、追加料金はかかりません。

とはいえ、アップルがアプリを承認した後に削除する事態も珍しくないことです。興味のある人は、早めにインストールして試してみるのがよさそうです。

Rewound(App Store)

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, applemusic, AppStore, ios, iphone, IpodClassic, ipodtouch, MusicPlayer, Spotify
0シェア
FacebookTwitter