Sponsored Content

ダブルブッキングも教えてくれる!スケジュール管理はSiriにお任せ:iPhone Tips

秘書みたい!

山崎理香子(RIKAKO YAMAZAKI、ゴーズ)
1シェア
iPhoneいまどきスマホでスケジュール管理をしている人は多いはず。紙の手帳と違って、指1本ですぐ予定を変更できるのはとても便利です。とはいえ、「カレンダーアプリを開くのも面倒!」と思うほど忙しいときや疲れているときもありますよね。「あとで記入しよう」と先延ばしにしているうちに、その予定自体を忘れてしまうなんてこともあり得るかもしれません。

そんなときは音声アシスタントの「Siri」にスケジュール管理をお任せしてみましょう。起動して話しかけるだけなので、簡単に素早く予定の確認・変更が可能です。

今回はSiriを使ってできるスケジュール管理方法3選をご紹介します。

①Siriに予定を聞く

まずは、Siriを使ってできる予定確認の方法です。Siriに「今日の予定は?」「◯日のスケジュールは?」と聞くと、カレンダーに記入されているその日の予定を教えてくれるというのは有名な機能ですよね。

iPhone
▲Siriを起動して「今日の予定は?」と話しかけます。今回は音声ではなく、文字入力でSiriを操作しています(左)。その日の予定が表示されました(右)

Siriで確認できるのは、その日の予定だけではありません。たとえば、「次の予定は?」と質問すると、カレンダーに記入された予定のなかで直近のものを教えてくれます。1日に複数の予定が入っている忙しい日でも、この機能を使えば落ち着いて準備ができるでしょう。

iPhone
▲「次の予定は?」と話しかけます(左)。カレンダーに記入されている次の予定が表示。右端に予定までの残り時間も表示してくれました(右)

さらに、数日間の予定をまとめて聞くことも可能です。ビジネスやサークル活動の場では、「今週のスケジュールは?」「来週の予定どうなってる?」と聞かれるシーンも多いですよね。そんなとき、Siriに同じ質問をすると、週ごとの予定をまとめて表示してくれます。

iPhone
▲「来週の予定は?」と話しかけます(左)。すると、翌週の予定一覧と、何件の予定が入っているかが表示されます。所要時間もしっかり確認できるので便利(右)

ちなみに、過去のスケジュールを確認することも可能。「先週の予定は?」と質問すると、先週に入っていた予定が表示されます。仕事で外出する機会が多い人は、経費請求の際にこの機能を使うと便利かもしれません。

iPhone
▲「先週の予定は?」と話しかけます(左)。先週に入っていた予定が表示されました(右)

②Siriに予定を変更してもらう

面倒な予定の追加も、Siriにお願いすればあっという間です。予定を入れたい日と所要時間、イベント名を指定して「予定を入れて」というと、Siriがそれをスケジュールに変更してくれます。

このとき便利なのが、ダブルブッキングを防いでくれる機能。新しく予定を入れようとした日時にすでに先約がある場合、Siriが「予定がすでに入っています。新しい予定を追加してもよろしいですか?」と聞いてくれるんです。

iPhone
▲「◯日/△曜日◎◎時に××って予定入れて」と話しかけます。今回は土曜日にお見舞いの予定を入れました(左)。その時間帯にすでに予定が入っていた場合、Siriがダブルブッキングを教えてくれます(右)

新しい予定に変更したくないときは、「キャンセル」をタップすればOK。先に記入しておいた予定だけがカレンダー上に残ります。

iPhone
▲「キャンセル」をタップ(左)。新しいイベントが作成されませんでした(右)

新しい予定に変更したい場合は、「確定」を選択。これで新しい予定がカレンダーに登録されました。この際、古い予定がカレンダー上に残ったままになってしまいます。紛らわしいので、次に紹介する方法でSiriに削除してもらいましょう。

iPhone
▲「確定」をタップすると、予定が登録されます(左)。古いイベントもそのまま残ってしまうので、Siriに削除してもらうのがよいでしょう(右)

③Siriに予定を削除してもらう

キャンセルになった予定を削除したいときも、Siriにお任せしましょう。削除したい予定の日時とイベント名を指定し、「削除して」というと、Siriがその予定を削除してくれます。本当にその予定を消してもいいか確認してくれるので、うっかりミスも防げます。

iPhone
▲「◯日/△曜日の××の予定を削除」と話しかけます(左)。「この予定をカレンダーから削除してもよろしいですか?」と聞かれるので、「はい」をタップ(右)

iPhone
▲カレンダー上から予定が削除されました

なお、予定の削除は1件ずつしかできないので、「来週の予定を全部消して」というようなお願いは実行されません。

「人前でスマホに話しかけるのは恥ずかしい」という人は、「設定」から「アクセシビリティ」を開き、「Siriにタイプ入力」をオンにしましょう。音声ではなく、文字でSiriを操作できるようになります。もちろん今回ご紹介したスケジュール管理もできるので、ぜひ活用してみてください。

 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: iPhone, iPhone Tips, mobile, schedule, Siri, smartphone, Tips
1シェア

Sponsored Contents