完全に凹凸を廃したiPhone 11 Pro用 究極のアラミドケースが登場

最初からコレ出して…

矢崎飛鳥
矢崎飛鳥, @ACCN
2019年12月13日, 午後 06:35 in aramid
2シェア
Engadget
ディーフからiPhone 11 Pro用アラミドケースの新モデルが12月下旬に登場します。アラミドは海底ケーブルや防弾チョッキなどに用いられる耐久素材で、頑丈なだけでなく軽いという特性があります。以前、EngadgetではディーフのDUROとPITAKAの製品を比較し紹介しました。


アラミドケースはすごく気に入っているのですが、11 Pro用はどちらも一長一短で正直「惜しいな〜!」という感じでした。このたびディーフからスペシャルエディションと銘打った新製品「Ultra Slim & Light Case DURO Special Edition for iPhone 11 Pro」が発表され、個人的に超注目しています。

Engadget
▲約0.7ミリとたいへん薄く、重量も約10グラムしかありません。ホコリの入りやすいカメラ周辺にスペーサーが貼られ、よりしっかりフィトするようになりました。

Engadget
▲3眼カメラは四角ではなく、個々にくり抜かれています。コレってものすごい緻密な設計が必要かと。

Engadget
▲下部も丸っとガード。薄いのでサードパーティ製Lightningケーブルとの相性もほぼ問題ありません。

実物を手に入れ、気が向いたらレビューするかもしれませんが、待てそうにないという方は、とっととご予約されることをオススメします。価格は税込み6600円、同社直販サイトで予約受付中。11用、Max用はまだアナウンスされていませんが、声は届きますよ。SNS等でご反応ください。

関連サイト: ディーフダイレクト
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: aramid, deff, Gadgets, iphone, IphoneCase, smartphone
2シェア