OPPO、スマホの『ディスプレイ下インカメラ』技術を再度披露

ノッチもパンチホールもありません

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年12月14日, 午後 06:15 in android
0シェア
FacebookTwitter
OPPO Underdisplay Camera

中国OPPOは12月10日に開催した技術紹介イベント「OPPO INNO DAY 2019」にて、「ディスプレイ搭載型インカメラ」のプロトタイプを公開しました。

この技術のプロトタイプは今年6月に初公開されたもので、今回は実際のスマートフォンの試作機に組み込んだ形で披露されました。有機ELディスプレイの上部にカメラが内蔵されており、インカメラを起動すると黒表示のディスプレイ越しに撮影するという仕組みです。

画面を表示している時のカメラは完全に見えなくなるわけではなく、よく観察と正面からでもカメラを内蔵している部分が見て取れます。米Android AuthorityのDavid Imel記者は、端末を傾けるとその内蔵カメラを視認することができると指摘しています。
またEngadget ChineseのRichard Lai編集長はこのアンダーディスプレイカメラでのセルフィーを試みており、どことなくぼやっとした撮影結果になったことを報告しています。プロトタイプの技術としては十分かもしれませんが、まだまだ改良の余地はありそうです。

OPPO Underdisplay Camera

このようなアンダーディスプレイカメラの技術には、OPPO以外の競合も挑んでおり、OPPOが今年6月にこの技術を初公開した直後、中国シャオミも同技術を搭載したスマホのデモンストレーション動画を公開しています。また、韓国サムスンも2020年に搭載製品を投入するというがあります。

近年のスマートフォンでは少しでもディスプレイの表示面積を拡大するため、ノッチやパンチホール、それにポップアップカメラといった試みが取り入れられています。2020年には、アンダーディスプレイカメラというさらなるイノベーションが到来しそうです。

関連:OPPO、5G時代の製品群&戦略を披露。Snapdragon 765G搭載のReno3 Proもだんだん明らかに(石野純也)


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, oppo, smartphone
0シェア
FacebookTwitter