Ryzen 3/8GB/256GBで6万2000円。HPの白磁器色モバイルPCが週末特価に

Ryzen 7/16GB/512GBでも税込10万円割れ

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2019年12月14日, 午後 06:00 in personal computing
0シェア
ENVY x360 Tokka
日本HPが、13.3インチフルHD液晶+360度回転画面のモバイルノートPC『ENVY x360 13』シリーズを、週末特価として販売中です。期間は12月14日と15日の2日間です(リンクは文末のSource欄にあります)。

同モデルは今月4日に追加カラーとして「セラミックホワイト」が加わったばかりですが、今回の特価対象はなんとこの新色。実物の仕上げも文字通り白磁器を思わせる上品な白。重量も1.28kg、公称バッテリー駆動時間最大14時間30分と、そこそこ持ち運べる水準のモデルです。

そして注目は当然ながらその価格で、最廉価モデルとなるAMD Ryzen 3 3300U/RAM 8GB/NVMe SSD 256GBという構成では6万2000円(税別)と、非常に値頃感の高い設定。最上位となるRyzen 7 3700U/RAM 16GB/NVMe SSD 512GBという構成でも9万円(同)となっており、16GB RAMのモバイルPCが消費税を入れても10万円を切ります。
ENVY x360 Tokka

また、廉価モデルからCPUを強化した中位モデル(Ryzen 5 3500U/RAM 8GB/NVMe SSD 256GB)は7万2000円(同)。このモデルはセラミックホワイトに加え、スタンダードカラーとなる黒系の『ナイトフォールブラック』も選べます(なおブラックを選んだ場合、SSDを512GBへ無料アップグレードが可能です)。

ENVY x360 Tokka

なお、同シリーズは比較的頻繁に特価販売されていますが、今回の週末特価はそうした中でも値引き率が高め。とくに最廉価モデルは現在6万9500円で販売されているため、1割以上の割引きとなっています。
さらにセラミックホワイトモデルという点で見れば(発表から間がないこともあり)ここまでの特価は初めてとなります。

さて、ENVY x360 13シリーズ自体は、HP側がSpectreシリーズと並ぶ「プレミアムモデル」として位置づけるモバイルノートPC。今世代モデルはAMDの第2世代Ryzen APU(GPU内蔵CPU)の搭載により、価格対性能比が非常に高い点を売りとします。

とくに最上位モデルは、特価品を除けば唯一の「実売価格が10万円を下回る(税別で)RAM 16GBのモバイルノートPC」ということで、「RAMは最低でも16GB以上欲しい」派のヘビーユーザーから熱い支持を得ているモデル。「メモリやSSDを追加しても必要以上に高くならない」という、昨今の日本HPの嬉しい姿勢を最大限に体現した製品でもあります。

ENVY x360 Tokka

360度回転ヒンジを搭載するタブレット兼用モデル(ペンは対応ですが別売り)で、液晶はフルHD解像度のIPSタイプ。重量も1.28kgで公称バッテリー駆動時間は最大14時間30分、さらに本体はアルミ合金製ユニボディ構造......と、モバイルPCとしての仕様も比較的高い水準。

とくにバッテリーに関しては、中位(Ryzen 5)モデル実機による軽負荷テスト(BBenchでのWeb巡回)にて、画面最高輝度でも8.28時間、50%輝度では14.2時間と、長時間駆動なのがポイントです。

ENVY x360 Tokka

またセラミックホワイトの塗装は、同色の仕上げで先行した上位モデル『Spectre 13』と同じく、AED(アニオン電着塗装)による加工。汚れやこすれに対する耐久性が高く、きめ細やかなテクスチャーが楽しめる白磁器風の仕上げです。

ENVY x360 Tokka
ENVY x360 Tokka
▲数少ない価格なりと思える点が付属ACアダプタ。本体自体は65Wとしては比較的小型ですが、ケーブルが太いのが難


重量は1.28kgと昨今の水準では若干重めではありますが、それでもこの価格とバッテリー駆動時間であれば十二分にお釣りが来るレベルでしょう。付属のACアダプタのケーブルが米国仕様で太いといった弱点もありますが、USB PD対応ACアダプタも使えます(付属は65W版ですが、筆者が実機検証した結果、30W以上では警告が出るものの使用可、45Wでは警告も出ませんでした)。

ENVY x360 Tokka

なお、他にもHPの週末特価としては、ベーシックなデスクトップPC『HP Desktop 190』なども注目。2万9800円(税別)でAMD Ryzen 3 2200G/RAM 8GB/2TB HDD+DVDライターという構成のモデルが購入できます。

ストレージがSSDでないあたりなどで、お買い得感という面では若干惜しいところですが、絶対価格を見ると新品で3万円割れというのは、普段であれば大手メーカー製品デスクトップPCの「底値」を下回る水準です。

さらにゲーム向けノートPCなど、他にも注目モデルがありますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: AMD Ryzen, envyx360, hp, HP Envy x360, note pc, notebook, personal computing, personalcomputing, PriceCut, pricedown, ryzen, sale
0シェア

Sponsored Contents