Engadget
これまで、将棋電王戦をいくつも取材し、棋士とコンピューターとの対局の面白さ、盛り上がりを伝えてきた筆者が、チェスでAIと対局できるチェス盤「SQUARE OFF」のGrand Kingdom Setをお借りして体験することになりました。
コンピューターチェスといえば、1996年にIBMのディープ・ブルーと当時のチェス世界チャンピオンであるガルリ・カスパロフが対局し、ディープ・ブルーが勝利したことで、コンピューターに人間が敗北したと騒がれました。その後コンピューターチェスはさらに発展し、いまや人間は勝てない領域に達しています。

同様にコンピューターが勝つには数十年かかると言われた将棋、囲碁も立て続けにトップ棋士が滑落。将棋電王戦も2017年をもって終了し、囲碁もあまり騒がれることはなくなりました。競り合っているときが一番楽しく、コンピューターにはもう勝てないとなってしまったら、みなさん興味無くなっちゃうんですよね。


SQUARE OFF
そんなコンピューター(AI)との対局は、誰でもスマホやパソコンの画面上で行なえますが、このGrand Kingdom Setは、AIの考えた手を実際の棋盤上でコマを動かして対局できるというもの。将棋電王戦の電王手さんを思い起こしますが、ロボットアームがコマを掴んで動かすというのではなく、コマがコマの隙間を縫うようにツツツーっと動くというもの。

Denoute
▲こちらは将棋電王戦で使われた電王手さん最終形態「電王手一二さん」

仕組みは意外と単純で、コマの下に磁石があり、棋盤の下にはコマを吸着して縦横方向へ動く機構が仕込まれていて移動させています。チェスのコマは底面が丸くマス目に対してスペースも取らないため、隙間を縫うように移動できるからなし得た仕組みです。

SQUARE OFF▲Grand Kingdom Setは、コマとコマの隙間を縫うように移動することで自動動作を実現

心臓部となるAIは、スマホのアプリ「SQUARE OFF」で提供されていて、連動して利用します。Grand Kingdom Set本体の電源をオンにしてアプリを起動すると、Bluetoothで自動的に接続。特に設定は必要ありません。ちなみに、Grand Kingdom Setはバッテリーを内蔵しているので、電源のないところでも動作します。充電は付属のACアダプターで行ないますが、30局はできるというもちの良さです。

SQUARE OFFSQUARE OFFSQUARE OFF

アプリは"一応"日本語化されています。"一応"と言うのは、ところどころ英語のママだったり、UIの関係で表示が変だったりという部分があるからです。でも、だいたい分かると思います。

アプリと接続すると、モードによって自動的にコマが動くようになります。モードは3つあり、1つはAIとの対局。もう1つは世界中の人が集うChess.comのプレイヤーとの対局。3つ目がChess.comに対局の棋譜をアップしたものを再現する「ライブストリーム」です。

筆者は、将棋は指せるものの、チェスはコマの動かし方もままならないほどのため、今回はコマの動かし方はマスターしている息子たちにAIとの対局をプレイしてもらいました。

まずはコマを並べます。そして、アプリで自分が白か黒かを選択します。白なら先手、黒なら後手です。あとは、レベルを選んで対局開始です。レベルは1から20まであり、数字が大きいほど強くなります。もちろんレベルは1に設定してプレイしました。

プレイヤーは、コマを動かす前に、コマを盤面に「ピッ」とビープ音が鳴るまで押し付けてから動かし、移動先でも同様にコマを盤面にビープ音が鳴るまで押し付けます。これでAIはどのコマを動かしたかを認識します。

SQUARE OFF
▲こんな感じで、コマを軽く押し込んでから移動し、確定ならそこでコマを再度押し込みます

するとAIがすぐに次の手を決めて移動させてきます。コマを取るときもすべて自動です。横に取ったコマを並べられるようになっており、決められた場所に移動してから、自分のコマを動かします。



もし、移動しようとしたコマの動かし方が間違っていた場合、「ビビッ」とビープ音が鳴ってくれるので、動かし方を勘違いしていても大丈夫。また、チェック(将棋で言う王手)の状態なのに、それを防ごうとしない場合も同様に「ビビッ」と鳴って知らせてくれます。かなり親切です。

「待った!」はできませんが、動かすコマを決めて「ピッ」と鳴らしたあと、「やっぱやめた!」というときは、同じ場所で盤面に押し付ければ「ピピッ」と鳴ってキャンセルになります。

アプリの画面は盤面に切り替えられるので、コマが自動的に動く前にAIの手は確認できます。また、ポーンをいちばん相手側のマスまでいくとプロモーション(昇格)できますが、そのときはどのコマになるか画面上から選択します。チェックメイト(将棋で言う詰み)になると画面が切り替わって「敗北」とか「勝利」などと表示されます。今回引き分けがなかったので、引き分けの画面は見られませんでしたが。

SQUARE OFFSQUARE OFFSQUARE OFF

息子たちが10回レベル1で対局して、勝ったのは1度だけ。ただ、AIの指し手を見ていると、チェスを知らなくても明らかに手を抜いていることがわかるレベルでした。これなら筆者もルールさえ覚えればレベル2ぐらいで勝てるんじゃない? なんて思い、対局したのですが、レベル2になると手を抜いている感がなくなり敗北。もちろんチェスを指せる人にとっては抜きまくっているとわかるかもしれませんが、覚えたてだとかなりの壁を感じました。

プレイ中変な動きをするときがあって、実は息子たちも知らなかった「アンパッサン」や「キャスリング」といったルールも、このとき学びました。コマの動きだけでなく、しっかりチェスのルールを学ばないとダメですね。チェスのルールはChess.comでわかり易く解説しているのでぜひご覧ください。

終局後、もう一度対局したいとき「リセット」を実行すると、自動的にコマを並べてくれます。ただこれには条件があって、終局したときのコマの配置を変えないこと、そして取ったコマがきちんと決められた場所に並べてあることです。コマの配置にもよりますが、3分半ぐらいかかるので、手で並べたほうが断然速いのですが、コマが自動的に動くこの製品ならではの楽しみとして、並べ終わるまで堪能してもらいたいですね。たまにコケて完了しないこともありましたが......。



それから、対局した棋譜をもとに分析もできます。別のアプリ「analyze This」をインストールすると、棋譜に対して一手一手AIが最適な手を提示してくれるので、「この手を指していれば勝てたのか」とあとから勝敗のポイントを探れます。筆者もあと一歩のところで詰めきれず、敗北を喫した対局も、数手前に違う手を差していれば詰んでいました。「もしこのときこの手を指していたら」ということを評価できるし、自分が指した手がAIと同じなら自信がつきます。これを使いこなせば非常に勉強になるでしょう。

SQUARE OFFSQUARE OFF
▲筆者がプレイして負けた対局を分析。52手目にキングをg6ではなくAIによるとクイーンをa8にすれば、その後の展開で相手キングは詰んだということがわかります

実は、SQUARE OFFアプリは、この自動でコマが動く棋盤がなくても画面上だけでチェスがプレイできます。友人はスマホ、自分は棋盤上で対局という使い方もできますし、AIとの対局もアプリだけでできるので、チェスが強くなりたいならこれを使って学ぶりもいいのんじゃないでしょうか。

こうして体験しましたが、コマが自動的に動くというのは、将棋電王戦のときのようにコンピューターと戦っている気がして非常にワクワク感があります。今回お借りした「Grand Kingdom Set」は、サイズが603×484×48mmで両側に取ったコマを並べる場所が確保されたかなり大きいサイズ。ほかに取ったコマを置く場所のない「Kingdom Set」もありますが、こちらはリセットとライブストリームができません。

すでに海外では1年ほど前から販売されていて、日本ではプラススタイルPayPayモール店で購入可能で「Grand Kingdom Set」が8万7780円。PayPay払いで10%還元なので実質7万9010円です。SQUARE OFF 公式だと449ドルなので割高ですが、日本のAmazonで購入するより安いです。

スマホでプレイするのは手軽ですが、やはりこの棋盤とコマを使ってプレイするほうが、やりがいがありますね。将棋だけでなくチェスも勉強しようかと、ポチりたくなりました。

SQUARE OFF
▲子供たちだけでなく、猫様にも好評のようでした