Android版Googleマップ、EV充電スタンドのコネクタ別フィルタリング機能追加

着いたけどつなげない…なんて事態を解消

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年12月18日, 午前 09:00 in Mobile
0シェア
Sean Gallup/Getty Images
Android版Googleマップが、利用者が乗っている電気自動車に対応する充電スタンドだけを検索する機能を搭載しました。この機能は複数あるEVの充電コネクターの規格を選ぶことで、充電ステーションの検索結果にフィルターをかける機能です。Android版Googleマップアプリには設定メニューに新しく"Electric vehicle settings"オプションが用意されており、この中で適合するコネクター形状を選択できるようになります。

EVの充電器は対象とするバッテリーの容量や電圧など仕様によって細かく分かれており、故障につながるつなぎ間違えを防止するためのコネクター形状もいくつかに分かれるため、そうしたしくみに詳しくないEVオーナーには、このフィルタリングは本当に便利な機能と言えるでしょう。

いくつかのナビアプリではこのようなフィルタリング機能をすでに実装しているものもありますが、特にユーザー数が多いであろうGoogleマップアプリにこの機能が搭載されることで多くの人が迷わず目的の充電スタンドにすんなりと向かえるようになるはずです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: android, charger, charging, charging station, electric car, electric vehicle, ev, gear, google, google maps, internet, ios, mobile, transportation
0シェア

Sponsored Contents