新しいオンラインサロン? noteが月額課金のコミュニティを作れる「サークル機能」を発表

設定金額は100円から1万円

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2019年12月17日, 午後 04:15 in internet
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
ピースオブケイクは12月17日、「note」に「サークル機能」を追加することを発表しました。2020年2月から導入予定で、サークル機能の最新情報を受けとれる先行登録をはじめています。

noteとは文章やマンガ、写真、音声などさまざまなコンテンツを投稿できるメディアプラットフォーム。ユーザーがいいねやシェア以外にコンテンツに対して課金でサポートできるというのが大きな特徴です。

読者が毎月一定数の記事を購読できる「定期購読マガジン」などを展開していました。今回発表されたサークル機能では、サークル活動の内容に応じて、クリエイターが複数のメンバープランを提示できます。金額は月額100円〜1万円で設定可能で、販売手数料は10%です。また、クリエイターとメンバーが交流できる限定の掲示板機能も用意されています。

Engadget
▲サークル加入後の画面イメージ


noteという創作や情報発信の場を通して、クリエイターとファンのコミュニティを形成できるのがこのサークル機能の魅力だと思います。またリリース情報によると、ミュージシャンやマンガ家といったアーティストに限らず料理家や勉強会やNPOなどの利用も想定しているとのこと。サークル参加者へのバックの工夫した、面白いサークルが登場するかもしれませんね。従来のオンラインサロンやファンクラブと違ったかたちでの、クリエイター活動の収益源になるのでは?


 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: artist, content, creator, internet, music, note
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents