耐荷重300kg、座れるほど頑丈な多機能タフバッグ 「PackChair X」

GREEN FUNDINGとのコラボ特集です

GREEN FUNDING with Engadget Staff
GREEN FUNDING with Engadget Staff
2019年12月19日, 午前 11:45 in greengadget
0シェア
FacebookTwitter
GF
GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

Pack Chair Xは、肩から降ろすだけで快適な座り心地の椅子に早変わりする多機能タフバッグです。アウトドアで休憩したいときに、いつでもどこでも腰かけて休むことができます。特許取得の軽量フレーム設計により、座っても中身が押しつぶされることはありません。この2wayバックパックは、あなたをよりアクティブにしてくれます。

あなたの周りに、こんな事はよくありませんか...

  • 出かけてから長時間歩きっぱなし。どこか座って休む場所を探したいが、なかなか椅子が見つからない。
  • 長時間に及ぶ電車や鳥類の撮影。でも座れる場所が見つからない。
  • 登山中、途中で座って休憩しようにも、高い山の上に座れる場所などない。
  • 花火大会や年越しなどのイベントを見に行くたびに、一晩中立ちっぱなし。とても疲れる。
  • 子供連れで出かけたときに、足が疲れた子供が、抱っこをせがんだり、帰ると言ったりして泣きわめく。
  • 数量限定版の靴のために、朝早くから並んだのはいいけれど、3時間も立ちっぱなしで、いい加減に座りたい。

とはいえ、毎回椅子を持って出かけることはできません。どうすればいいのでしょう?

多機能タフバッグ「PackChair X」は、アウトドアで休む場所がないという方々のご不満を解決する、台湾のチームFriendly Lifeがデザインした製品です。かばん職人、工場の協力のもと、数えきれないほどの製作・見直し・検討を重ね、みなさんのニーズを満たすバックパックを作り上げました。このバックパックは、これまでのPackChairのあらゆる設計上の重要特性を組み合わせただけでなく、周辺アクセサリーを使用することで消費者の様々なニーズにもお応えいたします。

• いつでもどこでも座ることができる

• 高価な撮影機材を守ってくれる

• 3C製品(PCなどのモバイル機器) が収納できる

• アクセサリーの追加で用途に合わせて使い分けられる

• フレームは取り外し可能で、旅行やメンテナンスに便利

カメラ収納、PCモバイル収納、出かけ収納などのニーズに対応できるように設計されたPackChair X 多機能タフバッグは、長期間撮影、日帰り旅行や子供と一緒に出かけるなど色んなシーンに使える多機能バックパックを実現できます。

カメラ収納

インナーケースの仕切りは自由にレイアウトが可能です。独立型のインナーケースは出し入れしやすいため、カメラバッグにも多機能タフバッグにも自由にチェンジでき、家にいるときは、そのままカメラ収納としても使えます。(インナーケース・仕切りは別売りです。)

モバイル機器収納専用サイドポケット

PC、イヤホンなどモバイル機器の収納ニーズに特化したデザインの専用サイドポケットは、収納スペースが一目で見渡せます。スマートフォンやケーブル、イヤホン、モバイルバッテリー、メモリーカードなどを探すために、バッグの中をあちこち探しまわる必要はもうありません。

お出かけ収納

日帰り登山やイベント、花火大会、あるいは家族旅行やピクニックなど、どんな時にもPackChairなら収納スペースは十分。ピクニックのランチボックスや飲料といったアイテムも、しっかりと守られ、押しつぶされることはありません。

充放電に対応したデザイン

3C収納ポケットの外側で充放電できるデザインにし、3C製品の収納と使用を一体化。USB充電ポートは、ご自身の3Cアイテムのバッテリー持続時間を増やすのに、マイクロUSB充電ポートは、モバイルバッテリーの電力補充に便利です。使用時にはモバイルバッテリーを抜かずにそのまま充電できるので、使い勝手が抜群です。

ウエストポーチ

普段はPackChair X 多機能タフバッグのメインコンパートメントに固定されています。ドイツ特許を取得したマグネットバックルで固定しており、取り外しも片手で行えます。証明書や貴重品を収め、肌身離さず持ち歩けるので、身軽に移動でき、旅行先での街歩きをより楽しむことができるでしょう。

最高級基準の各種パーツを採用

PackChair X 多機能タフバッグは、TUMIと同クラスの「DURAMAX」バリスティックナイロンを採用、航空機用のアルミニウム合金製フレームと組み合わせ、高価な機材を守るだけでなく、無差別攻撃を受けた場合には、バッグを盾にして自分の身を守ることも可能です。このほか、多様な収納デザイン、ドイツ特許を取得したマグネットバックル、YKK社製のジッパーやバックルといったすべてが、快適な使い心地を実現しました。

防塵・防水独立型インナーケース (オプション)

インナーケースの仕切りは自由にレイアウトが可能です。独立型のインナーケースは出し入れしやすいため、カメラバッグにも多機能バッグにも自由にチェンジでき、家にいるときは、そのままカメラ収納としても使えます。

小型カメラバッグ (オプション)

重装備で出かける必要のない、ちょっとした撮影に最適。

PackChair X 多機能タフバッグの特許取得フレームは、航空機産業で使われているものと同じアルミニウム合金を材料として使用しています。軽量かつ丈夫で安定感に優れるという特徴を備えており、出国時の保安検査もスムーズに通過できます。フレームは用途に応じて取り外しが可能、旅行やメンテナンスにも好都合です。

300キロの耐荷重、座ってもバックパックの中身を心配無用

頑丈なフレームは、あなたの安全や高価な機材をどのように守ってくれるのでしょう?ご覧ください、PackChair 多機能タフバッグ 4個で車も持ち上げられるのです。

  • 電車や鳥類といった時間がかかる撮影を好み、機材や椅子を手軽に持ち運びたいと思っているカメラマン

  • 途中で休憩するのに好都合な椅子が欲しいと思っている登山愛好家

  • 子供連れで外出した時に、足が疲れたと子供が騒ぐのを避けたいと思っているお父様やお母様

  • 数量限定品やコンサートチケットを購入するためには並ぶ必要があるが、そんな時に快適かつスマートに座りながら順番待ちをしたい方

  • 花火大会や年越しなどの各種イベントに出かけることが多く、疲れすぎて興ざめするのを避けたい方

私たちは、Friendly Lifeというデザインチームです。「Friendly Life」とは、チーム名であると同時に、私たちが追い求める究極の理念でもあります。創意工夫を通じて、デザインを駆使することで、生活の質を向上し続けるとともに、優しさ溢れる環境を創造していくことを目標としています。PackChair X多機能タフバッグをあなたの傍らに置いてもらうことで、この慌ただしい都会の片隅に、ゆったりできるご自身の空間が見つかることを望んでいます。PackChair X多機能タフバッグを背負って、旅人さながらに、この都会をのんびりと探索しましょう。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: greengadget
0シェア
FacebookTwitter