Kyash、Visaタッチ決済対応カードの詳細公開 20年頭に提供

発行手数料は900円

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年12月19日, 午後 02:37 in payment
0シェア
FacebookTwitter
engadget

Kyashは、IC搭載でVisaタッチレス決済対応の「新しいKyash Card」の詳細を発表しました。2020年初め頃に発行予定。

「新しいKyash Card」は、IC搭載により国内外のVisa加盟店でサインレス支払いが行えるプリペイドカードです。加えてNFC PayのVisaタッチ決済に対応し、対応店舗において物理カードをかざすだけで支払いが完了します。

加えて、Google Payに対応し、QUICPayを利用したモバイル決済も可能。なお、広報担当者によると、Apple Payへの対応は現時点で未定です。

スマートフォンアプリとの連動も売りで、決済や送金時に金額などの利用明細がリアルタイム通知されます。

ポイント還元率も高く、一部の取引を除き、決済金額の1%が「Kyashポイント」として即時に付与。1ポイント1円でKyash残高にチャージできます。

デザイン面では「表面にカード番号が記載されていない」デザインを採用。なお、裏面にはカード番号が記載されています。カラーバリエーションはネイビー・シルバー・ピンクの3色展開です。

engadget

1回あたりの決済上限は30万円、月あたりの決済上限は100万円。月あたりの還元対象決済上限は12万円です。

年会費は無料ですが、カードの発行手数料として900円が必要。申込時に本人確認書類が必要です。

また、新しいKyash Cardの提供開始に合わせ、現行の「Kyash Card」(リアルカード)は「Kyash Card Lite」に改名します。また、発行手数料として300円が新たに必要になります。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Kyash, payment, visa
0シェア
FacebookTwitter