engadget
OPPOは、2020年以降に日本市場で5Gスマートフォンを発売すると明言しました。また、自社の技術の粋を集めたハイエンドスマートフォンを日本に投入するとも明かしています。

OPPO Japanが『日本に向けた2020年以降の取り組み』として揚げた下記6項目に含まれていました。

1. OPPOの技術の粋を集めた、ハイエンドモデルの発売
2. 5Gスマホの発売
3. 防水・FeliCa搭載新機種の発売
4. OPPOブランドの強化
5. アフターサービスの継続強化

なお、日本市場に投入する5Gスマートフォンは『1機種だけとは申し上げていない』と述べ、複数端末の投入も示唆。発売時期は『適切な時期になったら発表する』と述べ明示しませんでした。

engadget

なお、2020年にはスマートフォン向け5G対応SoCとして2世代目となる「Snapdragon 865」「Snapdragon 765」をクアルコムが供給予定。OPPOの5GスマホもこれらSoCを採用する見通しです。同年にはスマホの5G対応がこなれ、ハイエンドを中心に5G対応が急速に進むものと思われます。