「OK, Honda」ホンダがAIアシスタント、CES 2020で公開

「本田さん」と一緒に乗るときは混同するかも

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2019年12月20日, 午後 04:30 in ai
0シェア
FacebookTwitter
Honda2019年12月18日、ホンダは2020年1月に開催される「CES 2020」に、Honda Personal Assistant、いわゆるAIアシスタントを出展すると発表しました。

ホンダではかねてより音声でドライバーをアシストするAIアシスタントの開発に取り組んでおり、2018年より米国の音声認識技術を研究するSoundHound社と提携。今回発表される予定のAIアシスタントは、このSoundHound社と共同開発したものです。

「Speech-to-Meaning」、「Deep Meaning Understanding technology」といった両社が開発した最先端の音声認識・応答技術が用いられており、これまでにない速度と精度での反応を可能にしたとのこと。

また、単に音声を認識するだけでなく、AIがこちらの考えをくみ取ってくれるのも特徴。ちょっとした発話からAIがその意図を理解し、必要なサポートを行ってくれるとしており、ドライバーの負担軽減が期待されます。

ちなみに、アメリカン・ホンダのHPによると、Honda Personal Assistantのウェイクワードは「OK Honda」とのこと。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ai, car, Deep Meaning, honda, Honda Personal Assistant, Personal Assistant, SoundHound, technology
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents