ファーウェイP40 Pro(仮)は10倍光学ズーム搭載? 2020年ハイエンドスマホは高倍率望遠が焦点との予測

iPhone 12(仮)への言及はナシ

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年12月21日, 午後 06:00 in smartphone
0シェア
FacebookTwitter
periscope
主要スマートフォンメーカーは昨今、カメラの高性能化を互いに競い合っています。そうした背景のもと2020年のハイエンドスマートフォン市場では、光学ズームの倍率が競争の焦点になるとのアナリスト予測が伝えられています。この観測は、米MacRumorsが入手した有名アナリストMing-Chi Kuo氏の研究ノートに基づくものです。Kuo氏によれば、ファーウェイの次期フラッグシップモデルP40 Pro(仮)の背面カメラには再設計されたペリスコープ(潜望鏡)式レンズが搭載され、世界初の10倍光学ズーム機能を備えたスマートフォンになるとのことです。同モデルは2020年の前半に発売とされています。

ペリスコープレンズとは屈曲光学系とも呼ばれる技術であり、レンズやミラーで光軸を変化させることで、省スペースでも高倍率ズームを実現できる機構です。ただし、現行のファーウェイ製品でトップクラスのカメラ性能を誇るP30 Proもペリスコープレンズを搭載しますが、倍率は5倍に留まっています。

また、ファーウェイの競合他社であるOppoも2月に「10倍ロスレスズーム」搭載モデルを予告していましたが、現時点で発売中のReno 10x Zoom「10倍ハイブリッドズーム」(光学5倍ズームとソフトウェアの組み合わせで、ほぼ画質が劣化しない10倍ズーム)となっています。

アップルのインサイダー情報で知られるKuo氏ですが、iPhone2020年モデル、いわゆるiPhone 12(仮)が光学ズーム強化のトレンドに含まれるかどうかには言及していません。現行モデルのiPhone 11 Proシリーズでは「2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム」という仕様となっています。ちなみにデジタルズームでは、ある程度の画質の劣化は不可避となります。

とはいえカメラの画質という点に関してはiPhone 12でもやはり重視される模様で、台湾メディアDigiTimesがiPhone 12のカメラにハイエンドモデルにセンサーシフト式の手ぶれ補正技術が搭載されるとの噂を報じたばかりです。
​​​​​​
さらには強力なライバルであるサムスンも、iPhone 11シリーズに対抗してGalaxy S11(仮)のカメラを大幅強化すると見られているため、アップルもカメラ性能の強化にいっそう力を注ぐ可能性が高そうです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: camera, cameras, huawei, huaweip30pro, lens, Ming-chiKuo, periscope, smartphone, smartphone camera, smartphone cameras, zoom
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents