フランク三浦初のスマートウォッチ、一通りの機能を搭載して6800円にて発売

"独特な”数字を配したデザインを採用

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2019年12月24日, 午後 01:30 in wearables
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
ディンクスは12月23日「フランク三浦 スマートウォッチ」を発表しました。ディンクス直営サイトにて先行販売開始しており、価格は税別6800円です。

フランクミュラーを模したブランドフランク三浦の初スマートウォッチで、付属バンドは"独特な"数字を配したデザインを採用しています。世界で200万台以上の販売実績を誇るメーカーのモジュールを採用しているそうです。

歩数計、距離計、カロリー計、長座注意、心拍計測、睡眠計測といったアクティビティや健康維持に関わる機能を一通り搭載。電話着信やLINE、Facebook、Twitterなどの通知を振動と画面表示で知らせてくれます。対応OSはAndroid 4.4以上、iOS 8.0以上。待機時間は約3〜5日。IP67の防水仕様です。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, ios, smartphone, smartwatch, wearables
0シェア
FacebookTwitter