Chrome 79にメディアコントロール機能追加。どのタブの再生でも一か所で制御可能

いちいち再生しているタブを探さなくても大丈夫

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年12月23日, 午後 03:00 in internet
0シェア
FacebookTwitter
Chrome
Chromeでは、動画や音楽が再生されているタブにはスピーカーアイコンが表示されますが、タブを多く開いていると、すぐにはどのタブで再生されているのか見つけにくいものです。突然、動画広告が大きな音で再生されたり、電話対応で一時停止したい場合などには特に困ります。

そんな問題を解決するため、最新のChrome 79では、再生中のメディアを一か所で集中管理できる機能が追加されています。この機能、以前にGlobal Media Controlsとしてテストされていたもの。


どこかのタブで再生が始まると、ユーザーアイコンの左に音符マークが表示され、そこで再生中のメディアに対して停止や再生、スキップなどの操作を行えます。

Chrome

YouTubeの場合はプレビュー画像も表示されるなど、表示自体はChrome OSで利用できるメディアコントロールによく似たものとなっています。


なお、デフォルトでは有効になっておらず、利用するためには、アドレスバーから「chrome://flags/#global-media-controls」を入力し、機能を有効にする必要があります。

ところでこの機能、Chromium Blogでいったんは紹介されたものの、その投稿はすでに削除されています(キャッシュでは確認可能)。デフォルトで有効にするはずがそうなっていなかったのか、あるいはフライングでの掲載だったのか。なんであれ、試される方は、試験中の機能だと考えておいたほうがよさそうです。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: av, chrome, chrome 79, chromium, gear, google, internet, personal computing, personalcomputing, web browser
0シェア
FacebookTwitter